« 阪急もなにわ筋線乗り入れへ、JR西日本桜島線延伸に否定的 | Main | 相模鉄道、3月18日ダイヤ改正で朝にも特急 »

京阪大津線、塗装変更へ

 京阪は特急用、快速急行用、一般車両用の3種類の塗装に塗り分けていますが、大津線(京津線、石山坂本線)は従来通りの塗装となっていました。京津線の800系(32両)は琵琶湖の水面をイメージしたパステルブルーと日本の伝統色である灰白、刈安(イエロー)、石山坂本線の600形(20両)、700形(10両)は若草色(ライト・グリーン)と青緑色(ダーク・グリーン)のツートンカラー。緑の濃淡という、懐かしい京阪の色です。

 ところが、大津線の車両の塗装も変えることになりました。京津線、石山坂本線とも一般車両用と同じ塗装とします。すなわち上部が濃緑色(レスト・グリーン)、帯線が黄緑色(フレッシュ・グリーン)、下部が白色(アトモス・ホワイト)です。4月から順次塗装変更工事を始め、6月には1編成目(700形)が営業運転を始めます。全車両の塗装の変更を終えるのは2021年3月です。

 もっとも、これでは京津線と石山坂本線の車両の色が一緒となって見分けがつかなくなります(両方の路線で塗装を分ければよかったのかもしれませんが)。そこで6月から行先表示器と並べて表示する、路線識別マークを設定します。「山を越えて東西へ」がコンセプトの京津線は、山を越えて東西を走る路線を抽象化したデザインとなっています。山をイメージした緑の三角形が目立ちます。三角形の下には破線(切れ目が3つあります)がありますが、これは京津線を走る4両編成の電車をイメージしています。「湖のほとりを南北へ」がコンセプトの石山坂本線は、湖のほとりを南北に走る路線を抽象化したデザインとなっています。琵琶湖をイメージした水色の逆三角形が目立ちます。三角形の左には破線(切れ目が1つあります)がありますが、これは石山坂本線を走る2両編成の電車をイメージしています。
(参考:京阪ホームページ https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2017-03-13_otsu-design.pdf)

|

« 阪急もなにわ筋線乗り入れへ、JR西日本桜島線延伸に否定的 | Main | 相模鉄道、3月18日ダイヤ改正で朝にも特急 »

鉄道」カテゴリの記事

京阪」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京阪大津線、塗装変更へ:

« 阪急もなにわ筋線乗り入れへ、JR西日本桜島線延伸に否定的 | Main | 相模鉄道、3月18日ダイヤ改正で朝にも特急 »