« JR東日本、「踊り子」用185系引退へ | Main | 津軽海峡フェリーに新しい船が続々 »

和泉中央から鍋谷峠を越え、和歌山県かつらぎ町へのバス

 和泉市と和歌山県かつらぎ町との間は国道480号線で結ばれていますが、府県境の鍋谷峠付近は国道とは思えない細い道です。

 ところが、4月1日に国道480号鍋谷峠道路・父鬼バイパスが開通しました。全長約6.9キロの道路が開通したことにより、和泉市役所-かつらぎ町役場間が車で18分短縮されました。そして29日からは、初めて両市町を結ぶバスが運行されます。

 南海バスと和歌山バス那賀が運行するこのバスは、4月29日から2018年3月25日の間、日曜と祝日のみ運行されます(12月31日と2018年1月1日を除きます。また、この1年間の乗車実績等に基づき、継続運行するか決定されます)。和泉中央駅(コミュニティバス乗り場)と笠田駅前の間を1日6往復します。所要時間は75分です。停留所は合わせて19か所ありますが、和泉市久保惣記念美術館(バス停名は美術館前)、ららぽーと和泉(バス停名はららぽーと和泉前)、宝来山神社に寄るとともに、和泉市父鬼地区はかなり細かく設定されています。運賃は全線で1000円ですが(区間運賃の設定あり)、専用1日乗車券があります。バス車内で購入でき、大人1000円、子供500円とお得です。ただ、定期券、回数券、バスカード、ICカード、「スルッとKANSAI」のカードは使えませんので、御注意ください。

(追記1)
 8月6日和泉中央13:15発の便に乗車しました(乗車したのは美術館前から)。バスには私1人しかいませんでした。バスの運転士の話によれば当初は良く乗っていたようですが。

 終点の笠田からは和歌山線に乗りました。笠田14:37発に乗りましたが、ワンマン列車といいながら、整理券をとる必要はありません。実質的な「信用乗車方式」なのです。1時間に1本しか走らない路線の割にはそれなりに乗っていましたが、橋本や吉野口での降車が目立っていました。南海や近鉄に乗り換えて、大阪を目指すようです。

(追記2)
 和泉中央駅-笠田駅前間の路線バスは2018年度も運行します。2018年度も日祝のみ運行しますが(年末年始の2018年12月30日と2019年1月1日は運休)、6往復中3往復は急行とし(道の駅いずみ山愛の里-道の駅くしがきの里間ノンストップ)、和泉中央駅-笠田駅前間の所要時間を1時間に短縮します。
(参考:和泉市ホームぺージ http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/newsririi/1491195005653.html、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/170408/wst1704080050-n1.html、かつらぎ町ホームぺージ http://www.town.katsuragi.wakayama.jp/010/030/20180330.pdf)

|

« JR東日本、「踊り子」用185系引退へ | Main | 津軽海峡フェリーに新しい船が続々 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 和泉中央から鍋谷峠を越え、和歌山県かつらぎ町へのバス:

» 【南海バス】和泉中央駅〜JR笠田駅前の広域観光路線バスのダイヤ・運賃を発表。和泉中央駅〜JR笠田駅前間は片道1,000円、専用1日乗車券も1,000円で発売 [阪和線の沿線から]
こちらのエントリーでご紹介したように、国道480号鍋谷峠道路の開通にともない、和泉中央駅〜JR笠田駅前の広域観光路線バスの運行が4月29日から開始されますが、この度南海バスのサ ... [Read More]

Tracked on 2017.04.09 03:43 PM

« JR東日本、「踊り子」用185系引退へ | Main | 津軽海峡フェリーに新しい船が続々 »