« 西鉄、食事つき観光列車は2018年度末デビュー、8000形完全引退へ | Main | 福井鉄道200形、車庫に1年以上置きっぱなしだった »

房総の新しい列車は自転車の旅がコンセプト

 JR東日本千葉支社は2017年冬から、新しい列車を走らせることを発表しました。

 既存の車両を改造して走らせる新しい列車の特徴は、自転車を折りたたまずにそのまま乗車することができること。房総各地へ、自転車を組み合わせて旅することができます。新しい列車は6両編成で、座席数は約100です。

 ただ、詳細は決まっていません。デザイン、列車名、運転開始日等はこれから決めるようです。

(追記)
 JR東日本千葉支社が209系6両編成を改造してつくる新しい列車の名前が、「BOSO BICYCLE BASE」になりました。「房総の各地を自転車で駆け巡るための基地」という意味で、略称は「B.B.BASE」です。グレーをベースに、車体側面には自転車が描かれています。4号車がフリースペースとなり、その他の5両には座席、サイクルラックがあります。

 旅行商品扱いで、2018年1月から運行を開始します。
(参考:JR東日本千葉支社ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1704_cycletrain.pdf、http://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1708_bbbase.pdf)

|

« 西鉄、食事つき観光列車は2018年度末デビュー、8000形完全引退へ | Main | 福井鉄道200形、車庫に1年以上置きっぱなしだった »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65142608

Listed below are links to weblogs that reference 房総の新しい列車は自転車の旅がコンセプト:

« 西鉄、食事つき観光列車は2018年度末デビュー、8000形完全引退へ | Main | 福井鉄道200形、車庫に1年以上置きっぱなしだった »