« 福島-会津若松間の高速バス、一部を仙台空港まで延長 | Main | 中国のパンダモノレール »

三重交通の栄南陽高速線が名古屋南陽高速線に

 三重県内を中心にバスを運行している三重交通ですが、名古屋市内だけで完結する高速バスも走らせています。栄とイオンモール名古屋茶屋とを結ぶ、栄南陽高速線というものです。この路線が、5月8日から大きく変わるのです。

 最大の変更点は、名古屋側のターミナルの場所。栄のオアシス21から、名鉄バスセンターに変わるのです。路線の名称も、名古屋南陽高速線に変わります。名鉄バスセンター-イオンモール名古屋茶屋間の所要時間は36分です(朝夕は少々伸びる便もあります)。運賃はこれまで続いていた割引運賃(本来は500円ですが、350円になっていました)が終了し、400円になります。10枚つづり3000円という、格安の回数券もなくなります。ただ、これまでできなかったイオンモール名古屋茶屋側だけの利用もでき(冨田中学校-イオンモール名古屋茶屋間)、その場合の運賃は210円です。運行本数はこれまで通り、1日13往復です。
(参考:三重交通ホームぺージ http://www.sanco.co.jp/shuttle/post-27.php、http://www.sanco.co.jp/shuttle/post-27-201705.php)

|

« 福島-会津若松間の高速バス、一部を仙台空港まで延長 | Main | 中国のパンダモノレール »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三重交通の栄南陽高速線が名古屋南陽高速線に:

» 三重交通のイオン南陽線は、名駅発着に変更へ [がんばりません]
三重交通のホームページを見ていたら、このような記事(PDFです)がありました。 [Read More]

Tracked on 2017.05.09 09:24 PM

« 福島-会津若松間の高速バス、一部を仙台空港まで延長 | Main | 中国のパンダモノレール »