« 日光と那須を結ぶバス | Main | 2040年度のJR四国の需要見通し »

東京-京阪神間の「ドリーム号」等、7月から「得割」

 東京-京阪神間、そして横浜-京都・大阪間のJRグループの高速バスの運賃について、7月1日運行分から変更があります。

 このうち、東京-京阪神間のについて言えば、従来、「早売5」、「早売1」といった早期購入割引がありますが、これを廃止し、乗車日の出発時刻までの購入でお得に利用することのできる、「得割」というものを導入します。「プレミアムシート」には乗車日により設定がない場合がありますが、3列シート、4列シートの車両についてはすべての日のすべての便において設定があります。例えば、「ドリーム号」等の3列シートの場合、普通運賃が6000~11000円であるのに対して、「得割」は5800~10800円となります(どちらも乗車日、購入日によって運賃が変わります)。「得割」の販売席数は、乗車日や便によって異なり、限りがあります。「得割」の変更はできず、変更したいときはいったん払い戻して、買い直す必要があります。ただ払い戻し手数料がかかり、乗車日12日前までが100円、11日前から乗車時刻までが20%かかります。
(参考:西日本ジェイアールバスホームぺージ https://www.nishinihonjrbus.co.jp/news/1697/)

|

« 日光と那須を結ぶバス | Main | 2040年度のJR四国の需要見通し »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京-京阪神間の「ドリーム号」等、7月から「得割」:

« 日光と那須を結ぶバス | Main | 2040年度のJR四国の需要見通し »