« 京阪、電気を新電力から購入 | Main | 秋田の貨物線に旅客列車が走る? »

JR西日本、夜行列車の個室をイメージしたカプセルホテルをつくる

 JR西日本は2月に、カプセルホテルの運営を行うファーストキャビン社との合弁会社を設立しました。その合弁会社が、「ファーストキャビンステーション」という新ブランドで(ブランドロゴも用意されています。列車をモチーフにし、色はブルートレインをイメージさせる濃紺となっています)、夜行列車の個室をイメージしたカプセルホテルの運営を始めます。

 今のところ、2か所で開業する予定です。ひとつは大阪市阿倍野区のファーストキャビンステーションあべの荘、JR西日本の福利厚生施設をリノベーションします。天王寺が最寄りで約120キャビンを予定しています。もうひとつは和歌山市のファーストキャビンステーション和歌山駅、ホテルグランヴィア和歌山の宴会場の一部をリノベーションします。和歌山が最寄りで約70キャビンを予定しています。いずれも2017年秋開業予定です。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/05/page_10429.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/05/page_10439.html)

|

« 京阪、電気を新電力から購入 | Main | 秋田の貨物線に旅客列車が走る? »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65263020

Listed below are links to weblogs that reference JR西日本、夜行列車の個室をイメージしたカプセルホテルをつくる:

« 京阪、電気を新電力から購入 | Main | 秋田の貨物線に旅客列車が走る? »