« 南阿蘇鉄道、2022年度に全線復旧か? | Main | 「新たな長距離列車」は117系の改造? »

只見線会津川口-只見間、上下分離で復旧に合意

 只見線会津川口-只見間は、2011年の大雨以来、不通の状態が続いていました。

 しかしその只見線ですが、3月31日に福島県知事から要望書を受け、その後福島県と交渉を続けてきました。そしてついに6月19日、福島県と協議がまとまり、基本合意書を締結することになりました。その内容とはどういうものでしょうか?

 只見線は、鉄道で復旧することにします。代行バスは復旧まで運行を続けます。復旧時期は正式には決まっていませんが、2021年度を目標としています。復旧工事はJR東日本が行いますが、福島県(会津17市町村を含みます、以下同じ)が2/3、JR東日本が1/3の割合で負担します。復旧させた区間は営業運転再開までに福島県に無償で譲渡されます(福島県は第三種鉄道事業者、JR東日本は第二種鉄道事業者となります)。JR東日本は自社の車両を用いて、使用料(ただし、会津川口-只見間の収支が赤字にならないように調整されます)を払って走らせることになります。被災前と同じ1日3往復走らせることを考えています。営業運転後の鉄道施設等の維持管理は、福島県が行います。

 正直言って、1日3往復のローカル列車しか通らない路線を鉄路で復旧させるというのは無駄なような気もします。ただ、国のお金を当てにせず、過半数を地元のお金で賄うというのは評価できる点でしょう。北海道もローカル線を残したければ、地元がお金を出さないといけないのです。

(追記1)
 只見線の復旧工事は2018年5月から準備工事を始めます。2018年6月からは橋梁工事等も行います。起工式は2018年6月15日、第7只見川橋りょう付近にある、金山町営大塩運動場サブグラウンドで行う予定です。

(追記2)
 改正鉄道軌道整備法の成立により、只見線の復旧工事の負担割合は、国、福島県など地元自治体、JR東日本が1/3ずつということになりました。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170619.pdf、JR東日本仙台支社ホームぺージ http://jr-sendai.com/upload-images/2018/05/20180516.pdf、福島民報ホームぺージ http://www.minpo.jp/news/detail/2017061842550、朝日新聞ホームぺージ https://digital.asahi.com/articles/ASL6H44Z0L6HUGTB00G.html?rm=351)

|

« 南阿蘇鉄道、2022年度に全線復旧か? | Main | 「新たな長距離列車」は117系の改造? »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 只見線会津川口-只見間、上下分離で復旧に合意:

» 【JR東日本】只見線(会津川口〜只見間)の鉄道復旧に関する基本合意書及び覚書を締結 [阪和線の沿線から]
2011年の新潟県・福島県を中心とする豪雨で橋梁等が流失するなど甚大な被害を受け、以降現在に至るまで運転見合わせが続いているJR只見線(会津川口〜只見)。 もとより僅少な利用者 ...... [Read More]

Tracked on 2017.06.21 11:21 PM

« 南阿蘇鉄道、2022年度に全線復旧か? | Main | 「新たな長距離列車」は117系の改造? »