« 「雪月花」、大糸線乗り入れか? | Main | 北陸新幹線、財務省は貸付料を多く取るように求める »

JR貨物に新型ディーゼル機関車

 JR貨物は、非電化区間の貨物列車牽引、貨物駅構内での入換作業の両方に使うため、DE10及びDE11(DE11は、DE10をベースに入換用として開発されたもの)を保有していますが、分割民営化から30年が経過し、国鉄時代のディーゼル機関車は老朽化しています。以前にも簡単に書きましたが、JR貨物は新しいディーゼル機関車、DD200をつくることになりました(HD300は入換専用で、本線では使えません)。DF200と同じ、電気式です(DE10は液体式)。蓄電池を搭載すると重量が増えるため、HD300のようなハイブリッド式は採用しませんでした。

 幹線用のディーゼル機関車はDF200がありますが、DF200はローカル線には使えません。DD200は、DE10相当の走行性能を有し(最高速度は時速110キロです。ちなみに、DE10は時速85キロでした)、DE10より1軸少ない4軸しかないものの(3軸台車は特殊な構造のため、つくりにくいそうです)、1割ほど軽くすることによって、軸重を低く抑えています。これまでDE10しか走ることのできなかった路線にも対応しています。また、本線運転、入換作業の両方に対応できるように、車体中央部に横向きに運転台を配置し(DE10などと同じように凸型の機関車です)、入換作業等において誘導を行う操車担当が作業しやすいよう、車端にデッキスペースを設けました。

 DD200は現在、試作車1両の製作を進めています。6月下旬に出場予定です。

(追記)
 小規模貨物駅の下関には、HD300の代わりにDB500という液体式ディーゼル機関車が入換用として働いています(2017年3月4日運用開始)。2軸の入換動車をベースにしていますが、鉄道車両扱いとなっています。
(参考:JR貨物ホームぺージ http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/2017-06-15-02.pdf、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2017/06/16/296189.html、https://response.jp/article/2017/07/05/297040.html、「鉄道ファン」2017年8月号 交友社)

|

« 「雪月花」、大糸線乗り入れか? | Main | 北陸新幹線、財務省は貸付料を多く取るように求める »

JR貨物」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65421078

Listed below are links to weblogs that reference JR貨物に新型ディーゼル機関車:

» 【JR貨物】新型ディーゼル機関車「DD200形式」製作を発表(H29.6出場) [阪和線の沿線から]
JR貨物では、同社において非電化区間の貨物列車牽引と、貨物駅構内の入換作業に使用しているDE10形式及びDE11形式の老朽化による置き換えとして、試作車1両の製作を進めていますが、 ... [Read More]

Tracked on 2017.06.17 at 09:33 AM

« 「雪月花」、大糸線乗り入れか? | Main | 北陸新幹線、財務省は貸付料を多く取るように求める »