« 東急田園都市線に早朝通勤促進のための特急 | Main | 仙台-山形間に新幹線? »

旧浜寺公園駅舎、高架工事期間中も活用

 浜寺公園の駅舎は、100年以上の長きにわたって使われましたが、高架化工事のため2016年1月に引退しました。この浜寺公園の駅舎、2028年に高架化された後に地上玄関口の一部として活用されるのですが、その間も活用されることになります。

 いったんこの駅舎、レールに乗せて動かす曳家の工法で、この秋に南西方向に約30メートル動かします。移動には1週間程度かかります。その後、2018年3月から、駅務室があった北側は交流スペースとし、カフェを運営するほか、市民が持ち寄った本を並べます。コンコースだった中央部分は多目的イベントスペースとし、朝市やフリーマーケット、ミニライブなどの開催を行います。駅舎として使われていたときから趣味活動の作品などが展示されていた南側のギャラリーはそのまま使われます。運営は地元のNPO、浜寺公園駅舎保存活用の会が行います。

 このような方法で5~6年使われた後、建物の文化財的な価値を調べる調査が行われます。その後、再び曳家で元の場所に戻します。

(追記)
 旧浜寺公園駅舎の活用は、2018年4月15日から始まります。
(参考:産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/170521/rgn1705210062-n1.html、南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/180412.pdf)

|

« 東急田園都市線に早朝通勤促進のための特急 | Main | 仙台-山形間に新幹線? »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旧浜寺公園駅舎、高架工事期間中も活用:

« 東急田園都市線に早朝通勤促進のための特急 | Main | 仙台-山形間に新幹線? »