« 「新たな長距離列車」は117系の改造? | Main | 一部「スーパーおおぞら」で沿線地域の特産品販売 »

新夕張で鉄道とバス等の接続改善

 石勝線の新夕張-夕張間は、2016年8月から夕張市との間で、効率的で持続可能な交通体系の構築に向けた協議を行っています。

 石勝線の新夕張-夕張間が廃止になると、新千歳空港から夕張に行こうとすれば、新夕張でバスに乗り換えることになります。ところが、夕張の南の玄関口となる新夕張、バスとの乗り換えに適した構造になっていません。駅前広場の構造上、大型バスが乗り入れることができないのです。現行のバス乗り場は、駅前広場を横断し、階段を降りた、かなり離れた場所です。

 そこでJR北海道は、新夕張の駅前広場の改修を行います。大型バスが駅前広場で回転できるようにし、駅前広場内にバス停を設置します。工事は7月中旬に完成予定ですが(約1700万円の工事費はJR北海道が負担します)、現在2.5往復(平日)の路線バスは10月1日、駅前広場に乗り入れ開始予定です(タクシー乗り場の使用開始時期は未定です)。駅舎内には、バス・タクシー利用者のための待合室ができます。駅舎から隣接するバス・タクシー乗り場(スクールバス乗降場所としても使うようです)までは、駅舎から続く上家を新設します。雨や雪でも乗り換えしやすくなります。
(参考:JR北海道ホームぺージ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170614-4.pdf)

|

« 「新たな長距離列車」は117系の改造? | Main | 一部「スーパーおおぞら」で沿線地域の特産品販売 »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

新夕張は鉄道との交通結紮点になりうるのでしょうかねえ。札幌方面へ向かうバスは道道3号を経由するので新夕張駅は通らないですし(元々こっちに夕鉄が走っていて、だから札幌から遠回りになる夕張支線は利用客が少ない)、新千歳空港へも南千歳で乗り換えないといけないのに対し、高速バスなら道央圏連絡道路ー千歳東ー夕張インター経由で直通です。

JR北海道という一企業がどうお金を使おうと勝手ですが、私は極めて無駄な投資だと思いますな。こんなことにお金を使って、札幌圏の値上げとか絶対にしないでほしいです。

Posted by: イエロー | 2017.06.26 at 12:05 PM

 イエローさん、こんばんは。

* 新夕張は鉄道との交通結紮点になりうるのでしょうかねえ。

 石勝線新夕張-夕張間は石炭輸送に適した路線であり、札幌との流動を考えたものではありません。

 とは言っても、新夕張は今後も市の玄関駅として存在するものであり、バス乗り場の整備の必要性は不可欠でしょう。

Posted by: たべちゃん | 2017.06.26 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65420141

Listed below are links to weblogs that reference 新夕張で鉄道とバス等の接続改善:

« 「新たな長距離列車」は117系の改造? | Main | 一部「スーパーおおぞら」で沿線地域の特産品販売 »