« 沖縄都市モノレール、8月に増発&値上げ | Main | 名古屋市交通局の一日乗車券、「敬老パス」、ガイドウェイバスの動き »

敦賀開業後の在来線特急、JR貨物に委託か?

 北陸新幹線金沢-敦賀間は2022年度末に開業しますが、そうなったら「サンダーバード」や「しらさぎ」は敦賀止まりになってしまいます。それなりに新幹線の区間がある金沢はともかく、福井は新幹線に乗ってもその距離はわずかで、乗り換えの手間だけがクローズアップされてしまいます。新幹線ではなく在来線に乗ろうとしても、「サンダーバード」や「しらさぎ」が乗り入れるホームは新幹線の真下で、在来線ホームとは約200メートル離れています。

 福井県は新幹線が開業しても在来線特急を存続させることを求めていますが、JR西日本は否定的見解を示しています。それはそうです。新幹線と在来線特急を並行させて、採算が取れるわけがありません。金沢より西に新幹線を敷くのは、福井の需要が大きいのではなく、関西の人が使ってくれるからです。福井県の要望が通るのなら、今ごろ「サンダーバード」は富山まで走っているはずです。

 言うことを聞かないJR西日本に業を煮やして、与党の整備新幹線推進プロジェクトチームが考えているのが、JR貨物に委託するという案。貨物列車に客車を連結して、一緒に走らせます。金沢-敦賀間の貨物列車は深夜や早朝に走るものが多いですが、昼間にも走らせます。

 夜行列車のように旅客列車がやらないものならともかく、昼間の列車にくっつける意義はどこにあるのでしょうか? 今どきの貨物列車は国鉄時代とは違って直行タイプのため、時間が恐ろしくかかるということはありませんが、それでも「サンダーバード」のような俊足は期待できません。食堂車も付けた、旅を楽しむ列車ならいいでしょうが、それなら新幹線と棲み分けができる、「サンダーバード」とは別の観光列車になります。せいぜいできるのは、並行在来線の第三セクター鉄道に快速を走らせることぐらいです。もっとも、福井-敦賀間よりも需要が大きい富山-金沢間でも快速は「ホームライナー」レベルのごくわずかに留まっており、たくさん走ることは期待できないでしょう。
(参考:日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17673250U7A610C1LB0000/)

|

« 沖縄都市モノレール、8月に増発&値上げ | Main | 名古屋市交通局の一日乗車券、「敬老パス」、ガイドウェイバスの動き »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。
北陸新幹線敦賀開業ですが、大阪~福井の中距離(200km程度)で途中での乗り換えが生じることに難があるようですね。かといって並行する区間に在来線特急は望みが薄いでしょう。
 新幹線が途中までできるから仕方ないとはいえます。安くてゆっくり行きたい人は高速バスや、現役世代を中心に自家用車に流れるのがますます加速しそうです。福井なら1泊旅行で高速道路で4時間を切りそうなので。

Posted by: かずちゃん2017 | 2017.06.25 at 10:22 AM

 かずちゃん2017さん、こんにちは。

* 北陸新幹線敦賀開業ですが、大阪~福井の

 新幹線を標準軌でつくることにとらわれている限り、どうしてもこういう問題が出てきます。標準軌だから敦賀での乗り換えが要りますし、(米原で乗り換えを強制させずに)大阪まで欠かさずにつくらないといけません。建設費を節約したいのなら、富山-金沢(あるいは福井)が3線軌、それより西(近江今津付近まで)は狭軌のスーパー特急で良かったのです。

 ともかく急がないといけないのは大阪までの全線開業です。2046年という悠長なことは許されません。一時的にでも資金を投入して、北陸新幹線敦賀開業10年以内を目標にしなければならないでしょう。

* かといって並行する区間に在来線特急は望みが薄いでしょう。

 並行在来線会社が福井-敦賀間に快速を走らせたら御の字といえるでしょう。

* 安くてゆっくり行きたい人は高速バスや、現役世代を中心に

 そういう動きが全くないとは言えませんが、逆に新幹線ができることによって車などからシフトする動きもあると見込んでいるのでしょう。敦賀までできれば、信州へも北陸新幹線経由で行くことができます。

Posted by: たべちゃん | 2017.06.25 at 12:01 PM


>>逆に新幹線ができることによって車などからシフトする動きもあると見込んでいるのでしょう。敦賀までできれば、信州へも北陸新幹線経由で行くことができます。
金沢、加賀温泉方面は、速達効果と乗り換えの手間を考えると増加するかどうか微妙です。30分程度の短縮では・・・。
富山、新潟県、長野県方面へは、速達効果のほうが大きくなるので、それも考えると五分五分といったところでしょう。
この方面への時間短縮をいかにPRするかで、敦賀延伸時の乗り換え連絡への理解を促すきっかけになるでしょう。

Posted by: かずちゃん2017 | 2017.06.25 at 02:28 PM

 かずちゃん2017さん、こんばんは。

* 富山、新潟県、長野県方面へは、速達効果のほうが

 金沢だと所要時間は短縮しますが、乗り換えの手間は出ます。確かに20~30分程度だと微妙なところです。

 ところが高岡以遠だと、すでに乗り換えの手間はかかっていますし(しかも金沢より敦賀のほうが上下移動だけで済むので乗り換えは楽です)、所要時間は大きく短縮します。JR西日本としては富山や信州のメリットを大きくアピールしたいところでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2017.06.25 at 10:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65452190

Listed below are links to weblogs that reference 敦賀開業後の在来線特急、JR貨物に委託か?:

« 沖縄都市モノレール、8月に増発&値上げ | Main | 名古屋市交通局の一日乗車券、「敬老パス」、ガイドウェイバスの動き »