« 野田線高柳が2面4線に | Main | 南阿蘇鉄道、2022年度に全線復旧か? »

那覇-本部間に高速船?

 沖縄本島内でも、南北の移動では、結構時間がかかります。決して北の端とは言えない本部まででも、那覇からはバスで約2時間かかってしまうのです。しかし、高速船を使えば、速く行くことができるようです。約40分短縮することができるようです。

 なぜ高速船を使う構想が出ているのでしょうか? 実は国は5月16日に、沖縄県の観光振興のために行う2017年度の事業をまとめた、「沖縄観光ステップアップ戦略2017」を策定していたのです。沖縄県が3月に、2021年度までに達成することを目指している年間の観光客数を1000万人から1200万人に増やしました。それを受けて国がつくったのが「沖縄観光ステップアップ戦略2017」であり、そこに那覇と本部を結ぶ高速船の導入が明記されているのです。

 まだ具体的な動きはありませんが、6月中には公募を行うようで、そのうち具体的な話が明らかになることでしょう。

(追記)
 第一交通産業のグループ会社は2019年4月13日から、那覇-本部間に高速船を運航します(4月中旬から11月中旬までの運航)。那覇から北谷、恩納を経由して本部までを2時間20分で結びます。1日2往復し(このほかに通勤通学用に那覇-北谷間を1日1往復します)、那覇-本部間の運賃は2500円です。
(参考:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051601011&g=eco、第一交通産業ホームページ http://www.daiichi-koutsu.co.jp/group/gaiyou/data/pdf/h31topics/190313daiichi-marine.pdf)

|

« 野田線高柳が2面4線に | Main | 南阿蘇鉄道、2022年度に全線復旧か? »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 那覇-本部間に高速船?:

« 野田線高柳が2面4線に | Main | 南阿蘇鉄道、2022年度に全線復旧か? »