« JR北海道、意外と北海道や沿線自治体の支援も必要だとする声多い | Main | 長崎新幹線の配線 »

磐越西線の719系は秋田に転属していた

 719系は、標準軌用等を除いて、E721系1000代の投入によってほぼ引退するものと思われていましたが、変わった動きがありました。磐越西線で使われていた車両が秋田に転属していたのです。

 所属の表記は「秋アキ」(秋田車両センター所属)になり、マスコットの「あかべぇ」も消されましたが、帯は磐越西線時代のままです。5月初旬からは羽後境-秋田間で試運転をしています。

 この動きは何を意味するのでしょうか? 続報を待ちたいところです。

(追記)
 秋田に転属した719系ですが、7月28日に営業運転を開始しました。帯は秋田車両センター所属の701系に合わせて、ピンクになっています。
(参考:railf.jp http://railf.jp/news/2017/05/24/160000.html、http://railf.jp/news/2017/08/01/123000.html)

|

« JR北海道、意外と北海道や沿線自治体の支援も必要だとする声多い | Main | 長崎新幹線の配線 »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65335903

Listed below are links to weblogs that reference 磐越西線の719系は秋田に転属していた:

« JR北海道、意外と北海道や沿線自治体の支援も必要だとする声多い | Main | 長崎新幹線の配線 »