« あいの風とやま鉄道が値下げした理由 | Main | 日高線、復旧しても65%は鉄道を利用せず »

竜田-富岡間は10月21日復旧、代行バス区間も大幅増発

 東日本大震災の影響により、常磐線竜田-浪江間は運休が続いていましたが、そのうち竜田-富岡間について、以前にも書いたとおり、10月に復旧することになりました。10月21日に復旧し、代行バス時代と同じく、1日11往復します(震災前は特急を除いても、上下34本の列車が走っていました)。富岡には自動券売機のほか、指定席券売機も設置されるようです。

 これで残る代行バス区間は富岡-浪江間のみとなります(一部は富岡-原ノ町間)。2019年度末に復旧する予定のこの区間、現在は1日に上下合わせて4本しかないのですが、これが上下合わせて11本になります。それなりに利用されているのでしょうか? なお、列車及びバスのダイヤは後日発表されます。

(追記)
 富岡の駅周辺には店が少ないことから、常磐線の運転再開に合わせて、駅の中にコンビニの形態で食品、飲料、タバコ、新聞などを扱う物販スペースと、そばやうどんなどを提供する飲食ブースを設けます。「さくらステーションKINONE」です。営業時間は物販が7~18時、飲食が10~18時の予定です。
(参考:JR東日本水戸支社ホームぺージ http://www.jrmito.com/press/170719/press_02.pdf、河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170720_63008.html、福島民報ホームぺージ http://www.minpo.jp/news/detail/2017091645118)

|

« あいの風とやま鉄道が値下げした理由 | Main | 日高線、復旧しても65%は鉄道を利用せず »

JR東日本」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65556821

Listed below are links to weblogs that reference 竜田-富岡間は10月21日復旧、代行バス区間も大幅増発:

« あいの風とやま鉄道が値下げした理由 | Main | 日高線、復旧しても65%は鉄道を利用せず »