« 養老鉄道&樽見鉄道、国鉄型デザインの「ミニ周遊券」を発売 | Main | あいの風とやま鉄道が値下げした理由 »

阿武隈急行の車両更新について

 福島と槻木を結ぶ阿武隈急行。18両(9編成)ある、現在の主力の8100系は、1988年に購入されたもの。しかし、この8100系、老朽化しています。2022年度から順次引退する方針です。

 当然ながら代替となる車両が要ります。代替の車両の更新は2018年度からに前倒しするという話もあります(その場合は1編成2両を更新します)。お金も要ります。阿武隈急行はその費用を約40億円と見込み、沿線自治体に支援を求めています。10億円もの累積赤字があるため、40億円もの大規模な投資を自前で行う体力がないのです。すでに沿線の市の中には支援を行う考えのところもあり、国も1/3の補助が出るようです。

(追記)
 新型車両はAB900系と言います。2019年3月に完成し、2019年7月ごろから営業運転を始めますが、E721系に似ているように見えます。
(参考:福島民友ホームぺージ http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170613-179839.php、http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180702-285019.php、福島民報ホームぺージ http://www.minpo.jp/news/detail/2017070342998、河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170616_12041.html)

|

« 養老鉄道&樽見鉄道、国鉄型デザインの「ミニ周遊券」を発売 | Main | あいの風とやま鉄道が値下げした理由 »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阿武隈急行の車両更新について:

« 養老鉄道&樽見鉄道、国鉄型デザインの「ミニ周遊券」を発売 | Main | あいの風とやま鉄道が値下げした理由 »