« 「エクスプレス予約」、9月2日から大幅変更 | Main | 「プラレール」の世界もホームドア »

JR東日本、時速360キロの次世代新幹線試験車両新造&東北非電化区間に2種類の新型車両

 日本で一番速い列車を走らせているのは、JR東日本。「はやぶさ」と「こまち」が時速320キロで走っています。これがさらに速くなるかもしれません。

 JR東日本はこのたび、次世代新幹線の実現に向けた試験車両を新造することにしました。試験車両はE956形式といい、10両編成です。愛称も付けられ、「ALFA-X」(アルファエックス)といいます。「Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXpeimentation」の略で、最先端の実験を行うための先進的な試験室(車)という意味です。2019年春に落成する予定で、事業費は試験走行を含めて100億円になるようです。試験では時速400キロ程度を出し、営業運転での時速360キロ運転を目指します。北海道新幹線が全線開業する2030年度までに営業運転を始める予定で、東北・北海道新幹線の高速化を期待したいところです。北海道新幹線全線開業時の東京-札幌間の所要時間は5時間1分(途中停車駅は上野、大宮、仙台、盛岡、八戸、新青森、木古内、新函館北斗、長万部、新小樽とされています。実際には八戸、木古内、長万部、新小樽を通過して15分ぐらいは短縮できそうです)とされていますが、これでは物足りないですから。

 ここからは在来線のローカル車両について。まず八戸線には、水郡線や久留里線で使われているキハE130系500代を投入します(なぜ後述のディーゼルカーを導入しないのかは不思議なところもありますが)。2両編成を6本、1両編成を6本の合わせて18両を投入します。2017年8月以降順次落成し、試験走行を経て、2017年度中の営業運転開始を予定しています。2017年度中に置き換えがなされるのです。このキハE130系500代は3扉のためスムーズな乗降が可能で、冷暖房完備となります。八戸線の冷房化率も100%となります。座席はセミクロスシートです。

 羽越線新津-酒田間、磐越西線会津若松-新津間、五能線などの新潟、秋田地区においては以前にも記事にしたように、電気式ディーゼルカー(ディーゼルエンジンと発電機による電力により、モーターで走行します。電車と同じ駆動システムです)を投入します。JR東日本初で、GV-E400系といいます。2018年初めに落成するのは量産先行車の3両、2両編成と1両編成が1編成ずつです。その後、新潟地区は2019年度までに、秋田地区は2020年度に量産車が投入されます。量産先行車と合わせて63両が製造されます。なお、八戸線のE130系、新潟、秋田地区のGV-E400系はともに、公募調達を行いました。国内外から多くの応募があったようで、その中から契約先を選びました。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170705.pdf、http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170706.pdf、日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04HSW_U7A700C1TI1000/、Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-05104318-webtoo-l02、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/e956/)

|

« 「エクスプレス予約」、9月2日から大幅変更 | Main | 「プラレール」の世界もホームドア »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65494345

Listed below are links to weblogs that reference JR東日本、時速360キロの次世代新幹線試験車両新造&東北非電化区間に2種類の新型車両:

« 「エクスプレス予約」、9月2日から大幅変更 | Main | 「プラレール」の世界もホームドア »