« 「ドリームスリーパー」、女性のみにホテルの朝食 | Main | バスで手紙を運ぶ »

赤泊-寺泊航路、廃止か?

 本州と佐渡島の間には、佐渡汽船が3つの航路を運航しています。新潟-両津航路、小木-直江津航路、そして赤泊-寺泊航路です。このうち黒字なのは新潟-両津航路だけで、残りの2航路はいずれも赤字です。しかも利用客が減少したため、2014年度からは会社全体で赤字となっています。2016年12月期連結決算では売上高が前期比6.4%減の109億円、最終損益は5.3億円の赤字でした。

 こうなると赤字路線の見直しに踏み切らざるを得ません。佐渡汽船は開設された1973年から赤字続きで、最近では2億円程度の赤字が続いている、赤泊-寺泊航路を廃止することを考えています。赤泊-寺泊航路がいちばん使われていたのは1994年、年間7万人余り利用者がいましたが、先にも述べたとおり、その時も赤字でした。今の利用者は年間2万人で、最盛期の1/3以下です。すでに年間通じての運航ではなく、夏場の約5か月間のみの運航となっています。

 小川佐渡汽船社長は14日、米山新潟県知事と面会し、赤泊-寺泊航路を廃止することを伝えました。佐渡汽船は新潟県などの理解を得ながら2017年度中に結論を出し、2018年度に廃止したいとしています。

(追記1)
 新潟県と、赤泊のある佐渡市、寺泊のある長岡市が共同して約1.1億円を補助することによって、赤泊-寺泊航路は2018年度も存続することになりました。ただ、便数は約半分の年間300~350便に減らすようです。

 2019年度以降については、2018年度の利用客や収益をみて判断します。

(追記2)
 2018年度の赤泊-寺泊航路の利用実績(4~10月)が約1.1万人と、採算ベースの約6.7万人を大幅に下回ることとなったこと、及び運行会社の佐渡汽船が船員不足を理由に赤泊-寺泊航路を20日間ほどしか運航できないと判断したことから、赤泊-寺泊航路は2018年度で廃止されることになりました。

 2019年度については、寺泊-小木間に20日間ほどジェットフォイルを運航する方針です。
(参考:産経ニュース http://www.sankei.com/economy/news/170714/ecn1707140021-n1.html、http://www.sankei.com/life/news/171027/trv1710270003-n1.html、新潟日報ホームぺージ http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170715335401.html、https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20181023427552.html)

|

« 「ドリームスリーパー」、女性のみにホテルの朝食 | Main | バスで手紙を運ぶ »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤泊-寺泊航路、廃止か?:

« 「ドリームスリーパー」、女性のみにホテルの朝食 | Main | バスで手紙を運ぶ »