« JR東日本、時速360キロの次世代新幹線試験車両新造&東北非電化区間に2種類の新型車両 | Main | たった480円の追加で東北・上越新幹線グリーン車へ »

「プラレール」の世界もホームドア

 現実の鉄道の世界ではホームドアの設置が進んでいますが、おもちゃの世界でもホームドアが設置されるようになりました。タカラトミーが7月13日から発売する「プラレール」の新商品、「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション」(希望小売価格は税抜7500円)の駅にホームドアがついているのです。

 「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション」は都会の大型駅をイメージしていて、1~3番線のホームと駅前広場などがあります。1番線のホームには列車の停車、発車に合わせて自動で開閉するホームドアが備え付けられています。3番線も手動ながらホームドアがあります。発車メロディや構内アナウンスなど40種類の音が収録されていて、列車の発車、停車、通過などに合わせて鳴らすことができます。ホームドアが動くときには音が出ます。1番線と2番線については、レバー操作で列車の停車、発車のコントロールができます。レバーを手前に引くと列車が加速する音が出ます。またスマートフォンアプリと連動していて、まるで自分が「プラレール」の世界にいるような体験をすることもできるようです。
(参考:レスポンスホームページ https://response.jp/article/2017/06/26/296606.html、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/74443/)

|

« JR東日本、時速360キロの次世代新幹線試験車両新造&東北非電化区間に2種類の新型車両 | Main | たった480円の追加で東北・上越新幹線グリーン車へ »

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65480476

Listed below are links to weblogs that reference 「プラレール」の世界もホームドア:

« JR東日本、時速360キロの次世代新幹線試験車両新造&東北非電化区間に2種類の新型車両 | Main | たった480円の追加で東北・上越新幹線グリーン車へ »