« あおなみ線のノンストップ列車と飛島村のバスに乗る | Main | 西鉄「水都」、3000形に変更 »

豊橋7:48発浜松行きに関する備忘録

 今日、8月13日のことですが、NHKの大河ドラマの舞台になっている井伊谷(浜松市北区)などに行ってきました。そのときに使った東海道線、天竜浜名湖鉄道の様子を備忘録として残します。


 豊橋7:48発浜松行きは373系の6両編成だった。ロングシートを覚悟していたのでラッキー、ただ座席はほぼ満席。終点の浜松でそのまま「ホームライナー静岡36号」になると思ったらそうではなく、「ホームライナー静岡36号」は別のホームから発車する。乗ってきた列車は豊橋に折り返すのだ。「ホームライナー静岡36号」は3両編成。2席を1人で使えるぐらいの、ほどほどの埋まり具合。

 掛川からは天竜浜名湖鉄道に乗るが、大河ドラマの影響か(「いいね!直虎1Dayパス」を持っている人が少なからずいた)、立っている人は少ないものの、座席は結構埋まっている。行きの掛川8:58発、帰りの気賀15:17発ともによく乗っていた。ローカル線とはいえ1時間に1本列車があり、そんなに不便ではない。大河ドラマが終わってからもこの勢いを続けてもらいたいものだ。

|

« あおなみ線のノンストップ列車と飛島村のバスに乗る | Main | 西鉄「水都」、3000形に変更 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 豊橋7:48発浜松行きに関する備忘録:

« あおなみ線のノンストップ列車と飛島村のバスに乗る | Main | 西鉄「水都」、3000形に変更 »