« 復活した淡路島に向かう船、利用振るわず | Main | 南海11000系も金色に、水色の「めでたいでんしゃ」 »

107系の定期運行は9月に終了、そして一部は上信へ

 JR東日本の107系は、165系を改造してつくった、3扉ロングシートの電車。1988年から、JR東日本発足後初めての自社製造車両として製作されました。日光線用の0代(2両編成8本)はすでに引退し、100代(2両編成19本)は群馬県内を中心に走っています。

 ところが、元は国鉄時代の165系。かなり老朽化しています。そこでJR東日本は9月末で定期運用を終了させます(10月には団体列車の運行があります)。これに伴い、JR東日本高崎支社ではいろいろなイベントが行われます。

 もっとも、これで終わりではありません。23日に2編成4両が上信電鉄に入線しました。どうやら上信電鉄で使われるようなのです。JRではロングシートのために批判もありましたが、短距離ローカル私鉄の上信電鉄なら、そんな問題はないでしょう。

(追記1)
 JR東日本から上信電鉄に譲渡されるのは6編成12両です(残り4編成は10月に入線します)。上信電鉄がJR東日本から譲渡を受けるのはこれが初めてです。塗装は今のものから変更し、2018年度以降に運行を開始します。

(追記2)
 上信電鉄に行った107系は上がアイボリー、下がグリーンに塗られています。形式も700形に変わっています。
(参考:JR東日本高崎支社ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/pdf/20170727_info.pdf、railf.jp http://railf.jp/news/2017/08/24/170000.html、https://railf.jp/news/2018/10/29/201500.html、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2017/07/28/297977.html、上毛新聞ホームぺージ http://www.jomo-news.co.jp/ns/4415039367532966/news.html)

|

« 復活した淡路島に向かう船、利用振るわず | Main | 南海11000系も金色に、水色の「めでたいでんしゃ」 »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65591981

Listed below are links to weblogs that reference 107系の定期運行は9月に終了、そして一部は上信へ:

« 復活した淡路島に向かう船、利用振るわず | Main | 南海11000系も金色に、水色の「めでたいでんしゃ」 »