« D51の「やまぐち号」デビューは11月25日 | Main | JR九州は長崎新幹線をどのように整備したいと考えているのか? »

小松や加賀温泉に「かがやき」は停まるか?

 北陸新幹線の「かがやき」の停車駅は、上野(一部通過)、大宮、長野、富山のみ。現在金沢止まりの北陸新幹線が敦賀まで延伸されると、どうなるのでしょうか?

 早くも加賀温泉のある加賀市が、「かがやき」の停車を求めて動きを見せています。国交省が敦賀以西のルートを調査した結果によれば、「かがやき」は小松を通過し、加賀温泉に停まるとなっています。しかし、「サンダーバード」の実績からみて明らかなとおり、両駅はほぼ同等で、国交省の想定通りになるとはとても思えません。

 反対に、現在の「かがやき」のように、金沢以西は福井のみに停車すると単純にみることもできないでしょう(すでに記事にした通り、福井以外の駅にも停まるものがあるようです)。敦賀まで延伸後、全ての「かがやき」や「はくたか」が敦賀まで延長運転されるとは限りません。一部は金沢止まりになるものがあると考えられます。そうなると、速い「かがやき」が主に敦賀まで延長され、所要時間のかかる「はくたか」が金沢止まりになる可能性が高いと考えられます。「かがやき」と言えども、お高く留まっているわけにはいかず、「はやぶさ」の盛岡以北のように一部はあちこち停まるのかもしれません。また、金沢の空港は金沢市内にはなく、小松にあります。ライバルの航空機に完全勝利するためにも、「かがやき」を小松に停めるのかもしれません。

 ただ、「かがやき」をあちこち停めるようになると、今度は全車指定席であることが壁となります。「サンダーバード」や「しらさぎ」に自由席があることを考えると、どのようにするかははっきり言って難問です。どうやって解決するか、北陸新幹線敦賀延伸に伴うダイヤの概要が明らかになるまで、楽しみにしておきましょう。
(参考:Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00517517-hokkoku-l17&pos=1)

|

« D51の「やまぐち号」デビューは11月25日 | Main | JR九州は長崎新幹線をどのように整備したいと考えているのか? »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

仙台以遠各駅停車のはやぶさには自由席特急券で乗車できますから、かがやきも、金沢~敦賀各駅停車の列車は同区間自由席乗車券での空席利用を認めれば良いと考えます。

Posted by: ▲ 飛遊人 | 2017.09.06 12:17 AM

 ▲ 飛遊人さん、おはようございます。

* 仙台以遠各駅停車のはやぶさには

 「はやぶさ」は一部区間でそういう制度がありますが、それが成立するのは、新幹線の末端区間であり、空席が全くないとは考えられないからです。

 関西方面や名古屋方面からの乗り継ぎ客が見込まれ、しかも「サンダーバード」や「しらさぎ」に自由席がある限りにおいて、全車指定席は混乱の元となり、お勧めできません。

Posted by: たべちゃん | 2017.09.06 05:34 AM

私としては「かがやき」は、速達という使命をもつ以上、金沢から先は、福井駅のみのような気がする。
はくたかについては、金沢止まりはそのままの可能性も高い。

敦賀ー金沢の各駅については、現在のつるぎ「富山ー金沢」を敦賀まで延長するのが現実的。

Posted by: たかちゃん | 2017.09.06 08:22 PM

 たかちゃんさん、おはようございます。

* 私としては「かがやき」は、速達という使命をもつ以上、

 「かがやき」の使命は北陸への速達列車です。富山までの停車駅を絞った段階で、使命は十分に果たしています。

 「かがやき」の停車駅を福井、敦賀だけにすると、福井、敦賀以外の駅には東京からの直通列車がありません。これでは何のための新幹線かわかりませんので、部分的に「かがやき」が停まると考えられます。

Posted by: たべちゃん | 2017.09.07 06:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小松や加賀温泉に「かがやき」は停まるか?:

« D51の「やまぐち号」デビューは11月25日 | Main | JR九州は長崎新幹線をどのように整備したいと考えているのか? »