« 消えていく駅の水飲み場 | Main | 「スマートEX」にもいろいろな割引 »

「えきねっとトクだ値」が道南、道北、オホーツク方面へ

 JR北海道にもインターネット申し込みの限定商品、「えきねっとトクだ値」がありますが、10月1日乗車分から、帯広、釧路方面に加えて、これまでなかった道南、道北、オホーツク方面への新商品が加わります。当然ながら、列車、席数、区間限定のきっぷです。決済はクレジットカード限定です。

 10月1日から11月30日までの乗車分の主な区間の値段は、札幌(市内)-函館間の「スーパー北斗」、「北斗」が通常価格8830円(普通車指定席、以下同じ)のところ、最大30%引きの6170円。札幌-旭川間の「ライラック」が通常価格4810円のところ、45%引きの2630円。札幌(市内)-網走間の「オホーツク」が通常価格9910円のところ、30%引きの6930円。旭川-網走間の「大雪」が通常価格7970円のところ、50%引きの3980円。旭川-稚内間の「サロベツ」が通常価格8300円のところ、50%引きの4150円です。札幌から網走に行くには、「オホーツク」1本で行くよりも、「ライラック」、「大雪」を組み合わせたほうが320円安く行くことができるのです。なお、「すずらん」、「カムイ」、「宗谷」については設定がありません。

 予約できるのは、乗車日1か月前の10時(乗車日1か月+1週間前の5:30から事前受付可能です)から乗車当日の1:40までです。JR北海道、JR東日本の「みどりの窓口」のほか、JR西日本でも北陸エリアの一部の駅の「みどりの窓口」でも受け取ることができます。

(追記)
 もっとも、「えきねっとトクだ値」よりも、従来からある指定席往復割引切符である「Rきっぷ」のほうが安い区間もあります。札幌-遠軽間がそうなのですが、真相はこの区間の「Rきっぷ」が距離の割には安いことにあるようです。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170823-1.pdf、北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/131821)

|

« 消えていく駅の水飲み場 | Main | 「スマートEX」にもいろいろな割引 »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65709503

Listed below are links to weblogs that reference 「えきねっとトクだ値」が道南、道北、オホーツク方面へ:

« 消えていく駅の水飲み場 | Main | 「スマートEX」にもいろいろな割引 »