« 小松や加賀温泉に「かがやき」は停まるか? | Main | 10月9日、東急池上線は無料 »

JR九州は長崎新幹線をどのように整備したいと考えているのか?

 予定していたフリーゲージトレインの導入が厳しい長崎新幹線ですが、それを運営するJR九州はどのように考えているのでしょうか? 少し古い話ですが、現状でのJR九州の考えをまとめてみました。

 一応、JR九州としてはフル規格新幹線、ミニ新幹線の両方に対応できるようです。フリーゲージトレインとは違い、技術的な問題がないので、整備方針が決まれば、合わせることができるようです。

 もっとも、本音は違うようです。JR九州は、ミニ新幹線に対してはいろいろ注文を出しています。狭軌の在来線をミニ新幹線が走るようにするには、単純に軌間を広げるだけでは済まないのです。工事期間中、在来線を全く止めなくてもいいわけではないようです。橋梁の架け替えの必要もあります。これに対して、フル規格にはそういう問題は全くないのです。何を望んでいるかはよくわかります。
(参考:産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/170801/wst1708010012-n1.html、http://www.sankei.com/region/news/170801/rgn1708010060-n1.html、佐賀新聞ホームぺージ http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/451174)

|

« 小松や加賀温泉に「かがやき」は停まるか? | Main | 10月9日、東急池上線は無料 »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。

FGTが暗礁にのりあげているいじょう、フル規格で整備するしかないのでは。フルなら大阪への直通(リニア開通後は名古屋方面)も望めるから佐賀県もメリットあると思うが。ただ、佐世保方面へのアクセスを考えると、どのみちミニ新幹線は整備しないといけないかもしれない。

Posted by: なっくすと | 2017.09.08 at 06:46 AM

 なっくすとさん、おはようございます。

* FGTが暗礁にのりあげているいじょう、フル規格で整備するしかないのでは。

 フリーゲージトレインが現状では実用化できない以上、長崎新幹線はフル規格にしたほうがよいでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2017.09.09 at 07:54 AM

長崎ルートはやっぱりフル規格にするしかなさそうですね.佐賀県や長崎県が協議して受益に応じた負担割合にするしかないでしょう.場合によっては,JR九州や福岡県にも少し負担させるとか...
軌間可変電車の可否によらず長崎には特急が多く運行されていてフル規格にする十分な需要があります.
ただ,フル規格にした場合佐世保方面は不便になってしまいますので,軌間可変電車が可能な場合は博多―佐世保に投入,不可能となった場合は武雄温泉―佐世保のミニ新幹線化が必要でしょう.

Posted by: 84axgd86dm70 | 2017.09.19 at 11:01 PM

 84axgd86dm70さん、こんばんは。

* 長崎ルートはやっぱりフル規格にするしかなさそうですね.

 長崎線の需要の大きさを考えると、フル規格がベストです。長崎県が受益に応じた負担をするのが望ましいでしょう。その代わり、佐賀県内は県内の利便性よりもコスト削減を最優先につくることになりますが。

* フル規格にした場合佐世保方面は不便になってしまいますので

 佐世保方面の改善がなされるのは望ましいことですが、もしなされるとしてもかなり先のことになるでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2017.09.20 at 08:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/65651348

Listed below are links to weblogs that reference JR九州は長崎新幹線をどのように整備したいと考えているのか?:

« 小松や加賀温泉に「かがやき」は停まるか? | Main | 10月9日、東急池上線は無料 »