« 豊橋駅に運賃箱設置 | Main | 黒磯の交直流切り替えは2018年1月に »

瑠璃色とハマナス色の「いなほ」

 羽越線の特急「いなほ」は、E653系の7両編成が使われています。もともと走っていた常磐線から羽越線に移ったときに、大幅にデザインが変えられました。カラーリングのキーワードを「夕日・稲穂・海」とし、日本海に沈む夕日をイメージしています。

 ところが、「いなほ」等に使われるE653系のうち2編成について、違う色に塗られることになりました。U106編成は瑠璃色一色に塗られます。沿線に広がる海の色であり、海に映り込む空の青さ、沿線の山並みの緑も取り込んでいます。10月27日から運行を開始します。新潟10:58発の「いなほ3号」、酒田15:57発の「いなほ12号」が最初の列車です。2本とも、村上-府屋間で記念のポストカードの進呈があります。続いて12月中旬に出場する予定なのは、U107編成のハマナス色。これも一色に塗られます。羽越線沿線の海岸線に自生する、ハマナス。そのハマナスの色を反映させたものです。

 これら2つの一色塗りのE653系は、従来のデザインの車両と共通で運用され、快速「らくらくトレイン村上」にも使われます。ほかの線区を走る臨時列車、団体列車にも使われることがあります。

(追記1)
 このデザイン変更は、羽越エリアの利用促進を狙って行われるものです。新潟県と山形県庄内地域で2019年にデスティネーションキャンペーンが行われるのです。

(追記2)
 ハマナス色の「いなほ」は12月29日にデビューします。新潟14:11発の「いなほ85号」が最初の列車です。
(参考:JR東日本新潟支社ホームぺージ http://www.jrniigata.co.jp/press/inaho.pdf、http://www.jrniigata.co.jp/press/20171221HAMANASUINAHO.pdf、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/78867、railf.jp http://railf.jp/news/2017/10/28/202000.html)

|

« 豊橋駅に運賃箱設置 | Main | 黒磯の交直流切り替えは2018年1月に »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瑠璃色とハマナス色の「いなほ」:

« 豊橋駅に運賃箱設置 | Main | 黒磯の交直流切り替えは2018年1月に »