« ジェイアール東北バス、常磐道を迂回することも | Main | 西鉄8000形は10月15日に引退 »

東北アクセス、仙台線全便を特急化、角田線を新設

 2016年12月に常磐線相馬-浜吉田間が復旧し、福島交通と宮城交通による、相馬-仙台間の高速バスは廃止されました。しかし、この区間にはもう1社、高速バスを運行している会社があります。東北アクセスという会社なのですが、その後どうなったのでしょうか?

 東北アクセスは南相馬と仙台を結ぶ仙台線について、4月1日に大規模なダイヤ改正を行っていました。それまで国道6号線で山元町役場などを経由する便がありましたが、すべて南相馬インターチェンジから高速道路を走る、特急便となりました(ただし、特急料金は不要となります)。相馬のバス停も、相馬インターバスターミナルに移りました。5月1日からは2往復がイオンモール名取に乗り入れています。現在の南相馬・相馬-仙台間の便はイオンモール名取を経由するのを含めて1日12往復、原ノ町駅前-仙台駅東口間の所要時間は最短105分、相馬インターバスターミナル-仙台駅東口間の所要時間は最短60分です。運賃は南相馬市内-仙台間が片道1300円、相馬インターバスターミナル-仙台市内間が1100円です。回数券や定期券の設定もあります。

 東北アクセスには角田市内に、宮城営業所があります。これを利用した路線もあります。角田線といい、4月1日に運行を開始しました。角田と仙台を結びます。角田を朝に出て、夜に戻ってくるという1日2往復で、所要時間は60分、片道運賃は800円です。こちらも回数券や定期券の設定があります。
(参考:東北アクセスホームぺージ http://www.touhoku-access.com/)

|

« ジェイアール東北バス、常磐道を迂回することも | Main | 西鉄8000形は10月15日に引退 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東北アクセス、仙台線全便を特急化、角田線を新設:

« ジェイアール東北バス、常磐道を迂回することも | Main | 西鉄8000形は10月15日に引退 »