« JR西日本、東北北陸直通新幹線を継続する意向 | Main | 川崎市、南武線で通勤する職員を対象に時差通勤の実験 »

和歌山線高田-五条間にも「ICOCA」、和歌山駅に中間改札

 拡大を続ける「ICOCA」のエリア。草津線貴生川-柘植間にもエリアを拡大する2018年春のことですが、ほかにもエリアを拡大するところがあります。

 それは和歌山線の高田-五条間。大和新庄-五条間の7駅で「ICOCA」などの交通系ICカードが使えるようになります。こうなったら、未導入区間の五条-和歌山間にも「ICOCA」を導入したほうがよさそうです。徴収漏れを防ぐ効果が多少はあるでしょう。

 また、2018年春には、和歌山駅7、8番のりば(和歌山線、紀勢線和歌山市方面ホーム)には、阪和線、紀勢線との「のりかえ改札機」を設置します。和歌山線、紀勢線和歌山市方面に行く人および和歌山線、紀勢線和歌山市方面から来た人は、「のりかえ改札機」で和歌山駅までの運賃を確認し、精算するものです。同様の機械は加古川駅や姫路駅にもあり、無人駅の多い和歌山線等において、徴収漏れを防ぐ効果があると考えられます。大回りをするときは注意が必要なところです。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11258.html)

|

« JR西日本、東北北陸直通新幹線を継続する意向 | Main | 川崎市、南武線で通勤する職員を対象に時差通勤の実験 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 和歌山線高田-五条間にも「ICOCA」、和歌山駅に中間改札:

« JR西日本、東北北陸直通新幹線を継続する意向 | Main | 川崎市、南武線で通勤する職員を対象に時差通勤の実験 »