« リフト代わりに雪上車で山に登る、北海道のスキー場 | Main | 「拝島ライナー」、2018年春に登場 »

日田彦山線の復旧費用は70億円

 日田彦山線の添田-夜明間は7月の福岡・大分豪雨で大きな被害を受け、不通となっています。日田彦山線の被害箇所は、駅や線路の損壊など63か所に上ります。特に5つの橋の被害が大きいようです。その日田彦山線ですが、JR九州が9日に発表したところによれば、復旧費用は約70億円にも上るようです。70億円の内訳は、橋の架け替えが42億円、軌道の復旧が15億円、のり面対策10億円などです。

 しかし、日田彦山線は極めて需要が少ない路線。大金をかけて復旧させる価値があるのか疑わしいところです。JR九州も単独で復旧させるのは困難と考えていて、バスやタクシーに切り替えることも選択肢としてあります。また、鉄道で復旧させる場合は、JR東日本の只見線のように、上下分離方式で復旧させる考えもあるようです。JR九州は2017年中に沿線自治体などと復旧方法や費用負担について協議を始めたいと考えています。

 なお、同じように豪雨や台風で不通となっている路線の復旧費の見積もりは、久大線(7月の福岡・大分豪雨)が約17億円、日豊線と豊肥線(9月の台風18号)が合計約31億円です。
(参考:大分合同新聞ホームぺージ https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/11/10/JD0056329828)

|

« リフト代わりに雪上車で山に登る、北海道のスキー場 | Main | 「拝島ライナー」、2018年春に登場 »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日田彦山線の復旧費用は70億円:

« リフト代わりに雪上車で山に登る、北海道のスキー場 | Main | 「拝島ライナー」、2018年春に登場 »