« オリンピック期間中は最終繰り下げ? | Main | 京急、個人でも貸切列車を走らせることができる »

姫新線の乗客数、2年連続で300万人を突破

 姫新線姫路-上月間の乗客数は、1990年代には300万人近くまで迫っていた年もありましたが、1990年代後半から落ちていき、2009年度には238万人になってしまいました。ところが、このところ好調です。2016年度の乗客数は前年度よりも3.2%増えて、約310万人にもなりました。34年ぶりに300万人を超えた2015年度に続いて、2年連続で300万人を突破したのです。2009年度と比べると、7年で25%以上も増えたのです。

 このところの好調のきっかけは、2010年3月から2年間実施された増便社会実験。地元自治体とJR西日本がお金を出し合い、姫路-播磨新宮間で上下16本、播磨新宮-上月間で6本の増発を行いました。80億円を投資して新型車両を導入し、スピードアップも行いました。増便実験終了後、多少便数は減っていますが、それでも増便実験開始前よりは増えています。駅ごとに乗客数を比較すると(増便実験前の2009年度と増便実験終了後の2012~2016年度の平均の比較)、播磨高岡-上月間の12駅のうち、減っているのは西栗栖と三日月の2駅のみ。68.1%増えた上月、52.7%増えた播磨高岡などが目立ちます。2015年4月の公立高校の学区再編や「ICOCA」導入も乗客数増加に寄与しているようです。大雑把に言えば、本数が大きく変わる播磨新宮より東のほうが数字が良いようです。

 姫新線全体の輸送密度は1550人(2016年度、以下同じ)ですが、姫路-播磨新宮間は7156人と幹線並みの数字を誇ります。それに比べて、播磨新宮-上月間は一気に下がり、935人しかいません。日中でも30分間隔の姫路-播磨新宮間に比べて、1.5~2時間間隔と少ないからでしょう。これでは使いづらいのも当然と言えるところで、播磨新宮以西を存続させたいのなら、兵庫県や沿線自治体は(口だけではなく)お金を出してJR西日本に増発をさせるようにしなければならないでしょう。何も努力しなければ、将来の人口減少傾向を踏まえると、鉄道を存続させる価値があるのは姫路-播磨新宮間だけということになりかねません。
(参考:神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201705/0010239447.shtml、JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/company/info/issue/data/pdf/data2017_08.pdf)

|

« オリンピック期間中は最終繰り下げ? | Main | 京急、個人でも貸切列車を走らせることができる »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 姫新線の乗客数、2年連続で300万人を突破:

« オリンピック期間中は最終繰り下げ? | Main | 京急、個人でも貸切列車を走らせることができる »