« 富山の路面電車、南北つながっても200円 | Main | 日高線と札沼線の代替交通について »

千歳線立体交差しなくても「エアポート」増発可能

 以前にも書きましたが、JR北海道は、札幌と新千歳空港を結ぶ快速「エアポート」について、1時間に4往復から5往復に増やします。2020年に増発する予定です。増発に必要な車両(4編成分、24両)はすでにメーカーに発注しています。

 これまで、この増発を行うには、札幌貨物ターミナル付近の立体交差化が必要だとされていました。しかし、信号や変電所の増設、新千歳空港駅の改修などをすれば、立体交差をしなくてもできるようなのです。そこで、立体交差化を見送ったうえで快速「エアポート」の増発を行うこととなりました。

 JR北海道は国交省に補助金を申請して、快速「エアポート」の増発を図ります。
(参考:HBC NEWS http://news.hbc.co.jp/343c949b80fa92e3ce25698e7c3bd4c1.html)

|

« 富山の路面電車、南北つながっても200円 | Main | 日高線と札沼線の代替交通について »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/66041286

Listed below are links to weblogs that reference 千歳線立体交差しなくても「エアポート」増発可能:

« 富山の路面電車、南北つながっても200円 | Main | 日高線と札沼線の代替交通について »