« 三陸鉄道は全線がリアス線に | Main | 仙台駅に地酒の自販機 »

「A列車で行こう」が日田彦山線に

 豪雨被害で一部区間が運休したままとなっている、日田彦山線。復旧には多額の費用がかかり、かつ需要が極めて少ない区間であるため、鉄路として復旧できるか疑問がもたれています。

 そんな中、いつもは三角線で走っている観光列車、「A列車で行こう」が団体列車として日田彦山線を走ります。「A列車で行こう」が日田彦山線を走るのは初めてのことです。

 日田彦山線を「A列車で行こう」が走るのは、12月21日。小倉-添田間を「A列車で行こう」で往復します(小倉13:00ごろ発、小倉17:15ごろ着。車外に出る時間はほとんどないようです)。車内では東峰村でつくられる小石原焼の器に盛りつけた、添田町の人気イタリアンレストランの特別料理(軽食)を提供します。小石原焼の器(6つの窯元から1つずつ使用します)は持ち帰ることができます。バーカウンターではドリンクの販売も行い(ハイボール520円など、持ち込みも自由です)、地元の有志が沿線の魅力を伝える取り組みも行います。

 この列車に乗るためには、ツアー(「特急『A列車で行こう』で行く日帰り日田彦山線の旅」)に申し込まないといけません。12月21日の1回だけで、募集人員は80人(最少催行人員は72人)。旅行代金は小倉、城野発で1人9800円です(子供も同額)。11月24日から12月8日の間に、JR九州旅行法人営業支店に電話で申し込みます。
(参考:JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/11/24/171124newsrelease01.pdf)

|

« 三陸鉄道は全線がリアス線に | Main | 仙台駅に地酒の自販機 »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「A列車で行こう」が日田彦山線に:

« 三陸鉄道は全線がリアス線に | Main | 仙台駅に地酒の自販機 »