« 石北線特急で車内販売復活 | Main | 「愛知デスティネーションキャンペーン」で愛知県内10社乗り放題のフリー切符 »

「名阪まる得きっぷ」発売終了

 近鉄で名古屋と大阪の間を行き来する人に欠かせないきっぷが、「名阪まる得きっぷ」。本来は5枚か10枚つづりの回数券なのですが、金券ショップでばら売りされています。しかしこの「名阪まる得きっぷ」、12月30日をもって発売を終了します。発売を終了しても、3か月の有効期間中は引き換えて「アーバンライナー」等に乗車することができます。

 それでは、「名阪まる得きっぷ」亡き後、名阪間の移動はどうすればよいのでしょうか? やはり、インターネットでの購入を勧めています。現在、「アーバンライナー」の発車前には、近鉄名古屋や大阪難波などの特急券窓口は大混雑します。「名阪まる得きっぷ」を引き換える客です。インターネットで予約すれば、それを横目に見ながら乗ることができます。行列にイライラしなくても済みますし、駅で弁当などを買う余裕もできます。近鉄の目論見通りインターネットで購入してくれたら、窓口を縮小することもできます。

 インターネットでの購入を後押しする動きもあります。名阪間限定で「名阪特急チケットレス割引キャンペーン」を行うのです。2018年1月10日から3月31日までに名阪間(近鉄名古屋-鶴橋・大阪上本町・大阪難波間)の特急券をチケットレスサービスで購入し、同期間中に乗る場合、特急料金が280円安くなり、1620円になります(子供は対象外です)。運賃を足し合わせると、通常4260円のところが、3980円になります(ただ、「名阪まる得きっぷ」のばら売り価格に比べると500円ぐらいは上がるので、もっと強力な割引が求められるところですが)。会員登録をすれば、特急券に交換することのできる「近鉄特急netポイント」も特急料金の1割分つきます。実質的に、特急料金が1割引きになるのです。「近鉄特急netポイント」がつかないものの、会員登録不要のサービスもありますので、この機会に検討するのもよいでしょう。
(参考:近鉄ホームぺージ http://www.kintetsu.co.jp/tetsudo/tetsudo_info/news_info/news0002253.html、http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/tikeresukyan.pdf)

|

« 石北線特急で車内販売復活 | Main | 「愛知デスティネーションキャンペーン」で愛知県内10社乗り放題のフリー切符 »

鉄道」カテゴリの記事

近鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「名阪まる得きっぷ」発売終了:

« 石北線特急で車内販売復活 | Main | 「愛知デスティネーションキャンペーン」で愛知県内10社乗り放題のフリー切符 »