« 名鉄バス県営名古屋空港線、期間限定で格安回数券 | Main | 2018年3月ダイヤ改正発表(1)(JR北海道、JR東日本東北方面) »

京急大師線、2期区間の連続立体交差事業は中止

 京急大師線にはほぼ全線を地下化する連続立体交差事業があります。14か所ある踏切をなくし、交通渋滞を解消するのが目的で、事業は2期に分けて行われています。踏切が多い1期区間の一部(東門前-小島新田間、1.2キロ)から先に行っています。

 その後、その連続立体交差事業は、2期区間も行う予定でした。京急川崎-川崎大師間、2.9キロについて、大掛かりな工事をする予定でした。ルートを地下化するとともに路線を多摩川沿いから市街地を通るルートに大きく変え、京急川崎-港町間には新駅を設ける予定でした。

 ところが2期区間は川崎縦貫道路と一体的に整備する予定でしたが、すでに道路の建設は休止されていました。これにともなって2期区間は事業が休止となり、さらに川崎市が事業の再評価を行ったところ、事業実現の見通しが低く、費用対効果が低いことから、中止されることになりました。除去する予定だった本町踏切など4か所の踏切については、単独立体交差化などで対応します。
(参考:カナロコ http://www.kanaloco.jp/article/291638)

|

« 名鉄バス県営名古屋空港線、期間限定で格安回数券 | Main | 2018年3月ダイヤ改正発表(1)(JR北海道、JR東日本東北方面) »

鉄道」カテゴリの記事

京急」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京急大師線、2期区間の連続立体交差事業は中止:

« 名鉄バス県営名古屋空港線、期間限定で格安回数券 | Main | 2018年3月ダイヤ改正発表(1)(JR北海道、JR東日本東北方面) »