« 鉄道総研、鹿の接触事故防止に鹿と犬の鳴き声利用 | Main | 京急大師線、2期区間の連続立体交差事業は中止 »

名鉄バス県営名古屋空港線、期間限定で格安回数券

 以前取り上げた、名鉄バスセンターと県営名古屋空港を結ぶバスですが、11月30日からあいち航空ミュージアムまで延伸されました。名古屋空港-あいち航空ミュージアム間の利用もでき、100円です。

 その11月30日から、期間限定の格安の回数券が発売されています。「県営名古屋空港線 特割きっぷ」というもので、名古屋市内(名鉄バスセンター、栄など)-豊山町内(名古屋空港、あいち航空ミュージアムなど)間が4枚つづりで1000円です(子供の設定はありません)。通常だと700円(栄発着の場合は600円)のところが1乗車当たり250円となります。発売期間は11月30日から12月31日、利用期間は11月30日から2018年1月31日、名鉄バスセンターや名古屋空港のほか、県営名古屋空港線のバス車内でも購入することができます。

 この格安の回数券が出た背景として考えられるのが、同じく名古屋駅と県営名古屋空港を結んでいるあおい交通も栄発着の便を走らせるようになったこと。11月20日から名古屋栄(県庁経由)-空港線を走らせるようになったのです。日中に限り、1時間間隔で、県営名古屋空港→栄→県庁前→県営名古屋空港というルートで走ります。なお、従来からある名古屋駅前-空港線についても、名古屋駅前行きは栄に寄ります。

 話は変わりますが、昨日、13日に名鉄バスの県営名古屋空港線のバスに乗ってきました。栄10:32発に乗ったのですが、バスは5分遅れてやってきました。栄で4人乗って、乗客は12人。名古屋高速を経由して県営名古屋空港に着いたのですが、栄付近を除いて渋滞がなかったにもかかわらず、県営名古屋空港には10分遅れて到着しました。所定のダイヤでは栄-県営名古屋空港間を18分で結ぶことになっていますが、かなり厳しいダイヤでしょう。半分ほどが県営名古屋空港で降りましたが、前述の格安の回数券を使っているらしき人がいました。
(参考:名鉄バスホームぺージ http://www.meitetsu-bus.co.jp/info/detail/527、http://www.meitetsu-bus.co.jp/info/detail/423、あおい交通ホームぺージ http://aoi-komaki.jp/archives/1750)

|

« 鉄道総研、鹿の接触事故防止に鹿と犬の鳴き声利用 | Main | 京急大師線、2期区間の連続立体交差事業は中止 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名鉄バス県営名古屋空港線、期間限定で格安回数券:

« 鉄道総研、鹿の接触事故防止に鹿と犬の鳴き声利用 | Main | 京急大師線、2期区間の連続立体交差事業は中止 »