« JR北海道の見直し対象路線、5段階にランク付け | Main | 地下鉄車内にBGM »

沖縄鉄軌道は北谷、沖縄経由

 沖縄には県庁所在地の那覇と、北部の主要都市名護とを1時間で結ぶ鉄軌道を導入するという構想があります。沖縄鉄軌道構想です。

 この沖縄鉄軌道の大まかなルートは7案ありますが、沖縄県の設置した、有識者による沖縄鉄軌道計画検討委員会の第8回会合(2018年1月18日)において、1つに絞られました。絞られた案は、北谷町などを経由する、「C派生案」というもの。

 それでは、「C派生案」とはどういうものでしょうか? 那覇、浦添、宜野湾、北谷、沖縄、うるま、恩納、名護の8市町村を通ります。この案が公共交通への転換量や便益が最も高いもので(1日7.7万人が利用すると見られています)、開業して1年で黒字になり、30~40年で累積収支も黒字に転換することができます。那覇-宜野湾間は国道330号を通り(国道58号を経由する案もありますが、この場合は国道330号経由の場合よりも収支はよくありません)、南部は地下トンネル主体、北部は山岳トンネルと高架で対応します。事業費は6100億円。建設期間は15年です。国や沖縄県が整備する、上下分離方式を話の前提としています。鉄道事業者が建設も運営も行うと、借入金の利子や減価償却の大きさから、採算が成り立たないのです。

 この「C派生案」については3月下旬以降、沖縄県の計画案として最終決定する見通しで、2018年度から国と実現に向けて本格的な交渉に入ります。
(参考:沖縄タイムスホームぺージ http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/197263、琉球新報ホームぺージ https://ryukyushimpo.jp/news/entry-649148.html、https://ryukyushimpo.jp/news/entry-545937.html)

|

« JR北海道の見直し対象路線、5段階にランク付け | Main | 地下鉄車内にBGM »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 沖縄鉄軌道は北谷、沖縄経由:

« JR北海道の見直し対象路線、5段階にランク付け | Main | 地下鉄車内にBGM »