« 宗谷線「サロベツ」でも沿線自治体による車内販売を試行 | Main | 京都市交通局、バスを前乗りに変更へ »

松山-大分間新幹線は途中3駅設置、最短36分、1日32往復

 夢のような構想とも思える、松山と大分を結ぶ新幹線。大分市は熱心で、いろいろ情報を提供しています。

 大分市は2016年12月に公表した1次調査で、豊予海峡に橋を架けるか、トンネルを掘るのかについて比較しました。その結果、トンネルを整備したほうが事業費を抑えることができ、かつ既存の技術で対応することができると結論付けました。1月10日に公表された2次調査においては、事業費が最も低い単線の新幹線のみに絞って、ルート及び中間駅、運行ダイヤのモデル、営業損益などを分析しました。

 松山-大分間は146キロ、中間駅は3つつくるとしています。大洲市または八幡浜市付近、愛媛県伊方町付近、大分市佐賀関付近です。単線なので駅ですれ違いますが、それを下り(松山→大分)優先として計算すると、松山-大分間の所要時間は、下りの直行が36分、下りの各駅停車が59分、上りの直行が42分、上りの各駅停車が52分となりました。運行本数は1日に32往復です。車両は「さくら」用のN700系8両編成を考えています。ルートが若干具体的になりましたので、車両を含めた建設事業費は1次調査より60億円上がって6860億円となりました。

 果たしてこの新幹線、採算が取れるのでしょうか? 驚く数字が出ています。費用便益は1.19~3.30と1を超えるので、整備費用を見込める効果があるとしています。北海道新幹線や九州新幹線を参考にして運行経費等を計算すると、年間の営業費用は141億円(運行経費や車両の減価償却費が主体で、インフラの建設費や維持管理費は含んでいません)。黒字にするには1日当たり約6800人が使えばいいのですが、1次調査によれば、1日約1.8万人が利用するとしています。この試算の通りにいくならば、初年度から黒字が見込めるようです。

 大分市としては、大分県が推進する東九州新幹線とともに、事業化の前提となる整備計画路線への格上げを狙っています。
(参考:大分合同新聞ホームぺージ http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/01/11/JD0056512847、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20180129-OYS1T50033.html、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25892730Z10C18A1000000/)

|

« 宗谷線「サロベツ」でも沿線自治体による車内販売を試行 | Main | 京都市交通局、バスを前乗りに変更へ »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/66274163

Listed below are links to weblogs that reference 松山-大分間新幹線は途中3駅設置、最短36分、1日32往復:

« 宗谷線「サロベツ」でも沿線自治体による車内販売を試行 | Main | 京都市交通局、バスを前乗りに変更へ »