« 両備ホールディングス、31路線を廃止へ | Main | 湘南モノレール、4月1日に「PASMO」導入 »

えちごトキめき鉄道の新駅、糸魚川-梶屋敷間から整備

 以前、えちごトキめき鉄道の新駅構想についての記事を書きましたが、その続報です。

 えちごトキめき鉄道の新駅構想はいくつかありますが、糸魚川市内には2か所あります。青海-糸魚川間の今村新田(仮称)と、糸魚川-梶屋敷間の押上(仮称)です。今村新田は北陸新幹線と立体交差するあたり、押上は西海踏切付近につくる予定です。糸魚川市はこの2駅を同時に開業させる予定でしたが、どうやら押上を先に開業させる方針です。

 押上を先行開業させる判断を行った理由は、費用対効果の違い。以前にも書いたとおり、押上のほうが良いのです。今村新田、押上ともに住宅地に駅をつくりますが、押上は近くに高校や総合病院があり、通学客や通勤客の利用が見込めるとしたのです。まだ糸魚川市は新駅整備の決定を行っていませんが(えちごトキめき鉄道も新駅の設置を検討している段階です)、2018年度に詳細な設計を行う予定です。新駅の開業時期はまだ決まっていません。

(追記)
 押上に駅を設置する構想は、糸魚川高校が現在地に移転した1972年ごろからありましたが、その付近にはデッドセクションがあるため、駅を設けることができませんでした。いったん列車が停まると、再び動かすことができなかったからです。しかし、えちごトキめき鉄道になったとき、列車が電車からディーゼルカーに代わったので、この問題が解決したのです。

 駅は早ければ2021年春に開業するようです。
(参考:新潟日報ホームぺージ http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20171221364314.html、https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20181229441851.html)

|

« 両備ホールディングス、31路線を廃止へ | Main | 湘南モノレール、4月1日に「PASMO」導入 »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference えちごトキめき鉄道の新駅、糸魚川-梶屋敷間から整備:

« 両備ホールディングス、31路線を廃止へ | Main | 湘南モノレール、4月1日に「PASMO」導入 »