« 京都丹後鉄道、パターンダイヤ化推進&グリーン料金値下げ | Main | 南海は6000系をまだ使う? »

「岡山エクスプレス津山号」大幅減便、「両備バス1Dayフリー乗車券」期間限定で発売

 岡山と津山を結ぶ高速バス、「岡山エクスプレス津山号」なのですが、しばらく見ない間に大きく変わっていました。2017年12月1日から両備バスのみの単独運行になり、本数が1日4往復に減っていたのです。本来の価格は片道1100円ですが、割引のキャンペーン運賃でないと集客できない状況が続いていたので、採算が苦しかったのでしょうか? 津山での高速バス乗り場が津山バスセンターから津山駅に変わったことを記念してキャンペーンが行われ、片道大人800円、子供500円となっています。2018年3月31日まで続きます。2018年2月16日にはダイヤ修正が行われ最大40分の時間変更がありましたが、同時に回数券が廃止になっています。WEBへの移行を促すためです。

 話は変わりまして、両備バスは2月1日から3月31日までの期間限定で、一日乗車券を発売しています。「両備バス1Dayフリー乗車券」という名前で、発売期間と同じ2月1日から3月31日までの任意の一日、両備バスの路線バス全線が乗り放題となります(高速バス、コミュニティバス、定期観光バスは除きます)。値段は大人1500円、子供750円で、利用日の1週間前から当日まで、岡山駅総合案内所など4か所で発売します。今回は試験的な実施でありますが、好評なら継続発売されるかもしれません。
(参考:両備グループホームぺージ https://www.ryobi.gr.jp/news/4701/、https://www.ryobi.gr.jp/news/4717/、http://www.ryobi-holdings.jp/bus/kousoku/pdf/171201tsuyamatimetable.pdf)

|

« 京都丹後鉄道、パターンダイヤ化推進&グリーン料金値下げ | Main | 南海は6000系をまだ使う? »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「岡山エクスプレス津山号」大幅減便、「両備バス1Dayフリー乗車券」期間限定で発売:

« 京都丹後鉄道、パターンダイヤ化推進&グリーン料金値下げ | Main | 南海は6000系をまだ使う? »