« 宇都宮LRTの車両は新潟トランシス製 | Main | 東海道・山陽新幹線の「FREX」、「FREX・パル」、発売区間を300キロまで延長していた »

元阪和線の205系1000番台は奈良線で

 3月17日のダイヤ改正で、阪和線の車両は日根野以南の早朝、深夜の列車を除いて223系、225系に統一されました。羽衣線も例外ではなく、103系などの通勤型がすっかりいなくなってしまったのです。

 あまりにも古い103系はともかく、分割民営化前後につくられた205系なら、まだまだ働くことができる場所があります。どこで使われるか注目されていましたが、4両編成の1000番台は5編成とも、以前の話の通りに奈良(吹田総合車両所奈良支所)に行き、3月17日のダイヤ改正から奈良線での使用を開始しました。103系4両編成の置き換えに使われるようです。なお、塗装は阪和線時代と変わらず、スカイブルーの帯のままです。
(参考:railf.jp https://railf.jp/news/2018/03/18/195500.html、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20180320-603412/)

|

« 宇都宮LRTの車両は新潟トランシス製 | Main | 東海道・山陽新幹線の「FREX」、「FREX・パル」、発売区間を300キロまで延長していた »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 元阪和線の205系1000番台は奈良線で:

« 宇都宮LRTの車両は新潟トランシス製 | Main | 東海道・山陽新幹線の「FREX」、「FREX・パル」、発売区間を300キロまで延長していた »