« 佐伯-延岡間の普通列車は787系、一部はグリーン車付き | Main | 西日本ジェイアールバス、「PiTaPa」で割引 »

名古屋市営地下鉄東山線栄駅拡張か&土曜日も終電延長へ&1日乗車券24時間に

 名古屋市営地下鉄について、いくつかの話題をまとめて書きます。

 東山線栄駅は1日の乗降客数が約15万人。最初につくった路線で、しかも名城線との乗り換え階段があるためホームが狭く、朝夕は特に混雑します。そのため、栄駅のホーム拡張等の検討を行うようですが(2日の名古屋市議会本会議で明らかになりました)、駅の周りに地下街があり、簡単には拡張できないようです。

 同じく東山線についてですが、2014年7月から金曜日と祝日前日は終電を45分繰り下げています。東西方向ともに、最終の発車時刻は栄1:01です。これを拡大する動きがあるようです。5日の名古屋市議会本会議で明らかになったのですが、名古屋市は外国人観光客による消費額を増やすのを目的として、東山線の終電延長を土曜日にも拡大することを考えています。ちなみに、終電の延長によって、人件費などで年間700万円の赤字が生じているとのことです。

 最後に地下鉄全体の話。1日乗車券はたいてい、始発から終電までの間が有効となります。夕方近くに使い始めても、終電までしか使えません。そこで以前にも取り上げた1日乗車券の24時間化ですが、2018年度に機械の改修を行い(かなり大規模なものになるようです)、2019年度から実施します。なお、「バス・地下鉄全線1日乗車券」や「ドニチエコきっぷ」のように、バスも使えるものは従来通りで、24時間化の対象にはなりません。なお、すでに1日乗車券の24時間化を行っている事業者の中には、東京メトロがあります。2016年3月に24時間化を実施しましたが、東京メトロによれば、2016年度の1日乗車券の売上は2015年度に比べて36.7%増えました。ただ、この比較は2015年度と2016年度の1日乗車券の売上枚数を単純比較したもので、厳密な比較というわけではありません。

(追記)
 名古屋市交通局の1日乗車券の24時間化は、2019年5月27日から行います。
(参考:東海テレビNEWS http://www.tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=48946&date=20180302、CBC NEWS http://hicbc.com/news/detail.asp?id=00046248、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/79745、名古屋市交通局ホームページ https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/TICKET/TRP0003667.htm)

|

« 佐伯-延岡間の普通列車は787系、一部はグリーン車付き | Main | 西日本ジェイアールバス、「PiTaPa」で割引 »

鉄道」カテゴリの記事

名古屋市地下鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名古屋市営地下鉄東山線栄駅拡張か&土曜日も終電延長へ&1日乗車券24時間に:

« 佐伯-延岡間の普通列車は787系、一部はグリーン車付き | Main | 西日本ジェイアールバス、「PiTaPa」で割引 »