« ひたちなか海浜鉄道、延伸の概算事業費2割増加 | Main | 太陽光発電だけで走る列車 »

群馬県の東西を走るBRT構想

 東毛広域幹線道路という道路があります。群馬県の高崎と板倉町とを結ぶ約59キロの道路(途中、伊勢崎、太田、舘林を経由します)で、2014年に全線開通し、現在約75%が4車線以上となっています。この東毛広域幹線道路にBRTを走らせようという構想があるのです。群馬県南部の主要都市間の交通利便性を高めるのが目的です。

 まず群馬県は、沿線住民の移動実態やニーズなどを調査します。そのための費用を2018年度一般会計当初予算案に計上します。将来的には、バスが時間通りに走ることができるように専用レーンを設置し、バスを優先的に走行させるための公共交通車両優先システム(信号をバスに合わせて制御します)を導入することを検討するようです。
(参考:上毛新聞ホームぺージ https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/31209、群馬県ホームぺージ http://www.pref.gunma.jp/contents/000252442.pdf)

|

« ひたちなか海浜鉄道、延伸の概算事業費2割増加 | Main | 太陽光発電だけで走る列車 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 群馬県の東西を走るBRT構想:

« ひたちなか海浜鉄道、延伸の概算事業費2割増加 | Main | 太陽光発電だけで走る列車 »