« とさでん交通、新型低床車導入&人手不足でバス減便&路面電車のクーラーに家庭用 | Main | リニア中央新幹線の大深度地下は50キロ »

「スーパー北斗」の車内販売は3往復のみ

 沿線の地方自治体等が臨時的に行うものを除けば、車内販売のあるJR北海道の列車は、函館線の「スーパー北斗」のうちの半数ほど、7往復だけです。しかも、6月1日からさらに縮小されます。客室乗務員が集まらず、車内販売の収支も悪いので(今回の縮小で数千万円程度の経費削減ができます)、縮小されるのです。

 現在、車内販売を行っている7往復のうち、6月1日からも車内販売を継続するのは3往復。下り(札幌行き)は「スーパー北斗13号」から「スーパー北斗17号」までの3本、上り(函館行き)は「スーパー北斗6号」から「スーパー北斗10号」までの3本です。「スーパー北斗19号」と「スーパー北斗4号」の1往復は、車内販売を取りやめます。

 それでは、残りの3往復(下りは「スーパー北斗7号」から「スーパー北斗11号」までの3本、上りは「スーパー北斗12号」から「スーパー北斗16号」までの3本)はどうなるのでしょうか? この3往復については、短区間での簡易車内販売を行います。下りは函館から森まで、上りは札幌から苫小牧までの短い区間で、車内を回ることはせず、待受販売を行うのです。販売箇所は261系は1号車、281系は3号車の販売コーナーです。販売品目も、ソフトドリンクやお菓子など、簡単なものになるようです。弁当は販売しないのです。

(追記)
 6月から一部の列車で始めた待受販売ですが、1日1列車当たりの利用は約4人、金額ベースで900円台と低迷しています。そこでJR北海道は、「スーパー北斗」の待受販売を2019年1月14日で終了させることにしました。取り扱い品目が少なく、乗客はあらかじめ駅などで必要なものを購入していたようです。

 なお、車内販売は廃止することなく、継続します。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2018/180322-1.pdf、http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181203_KO_Syanaihannbaisyuryo.pdf、北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/174765)

|

« とさでん交通、新型低床車導入&人手不足でバス減便&路面電車のクーラーに家庭用 | Main | リニア中央新幹線の大深度地下は50キロ »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「スーパー北斗」の車内販売は3往復のみ:

« とさでん交通、新型低床車導入&人手不足でバス減便&路面電車のクーラーに家庭用 | Main | リニア中央新幹線の大深度地下は50キロ »