« 常磐線の復旧区間は単線になる? | Main | 両備ホールディングス、廃止届取り下げ »

「エヴァンゲリオン」の次は「ハローキティ」

 500系に「エヴァンゲリオン」の世界観を表した、「500 TYPE EVA」は5月13日で運転を終了します。しかし、続きがあるのです。

 夏から登場するのが「ハローキティ」、西日本の地域活性化を目的に、500系(8両編成)が「ハローキティ新幹線」になるのです。「ハローキティ」が案内人となって期間限定で西日本の地域を取り上げ、地域の魅力を発信します。

 外観はリボンをモチーフにしています。「つなぐ」「結ぶ」を連想させるものです。「ハローキティ」のリボンによって客と地域をつないで、結ぶのです。白地の車両にピンクのリボンを描きます。車両の内部に移ります。1号車は、西日本の地域を期間限定で紹介します。最初は、「山陰デスティネーションキャンペーン」に因んで、鳥取県と島根県を紹介します。各県に因んだ地域限定「ハローキティ」も用意されます。鳥取県は梨を持ち、島根県はシジミがあります。その後、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、福岡県の地域限定「ハローキティ」が登場する予定です。2号車は、「ハローキティ」の世界観でおしゃれにかわいく飾り付けます。

 「ハローキティ新幹線」は、新大阪-博多間を1日1往復する予定です。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/03/page_12056.html、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20180315/k00/00m/040/040000c)

|

« 常磐線の復旧区間は単線になる? | Main | 両備ホールディングス、廃止届取り下げ »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「エヴァンゲリオン」の次は「ハローキティ」:

« 常磐線の復旧区間は単線になる? | Main | 両備ホールディングス、廃止届取り下げ »