« 「GENBI SHINKANSEN」、3月31日にリニューアル | Main | 観光レトロ電車「かごでん」が普通の路面電車として走る »

常磐線相馬-浜吉田間復旧後の利用状況

 常磐線相馬-浜吉田間が復旧してから1年以上が過ぎました。原ノ町や相馬と仙台が鉄路で再び結ばれたのですが、利用者数はどうなったのでしょうか? 1月25日のことですが、JR東日本仙台支社から発表がありました。

 それによれば、新地-岩沼間(宮城県部分)の1日当たりの利用者数は、震災前(2010年10月27日(水)、30日(土)、31日(日)の実績)が平日13400人、休日7900人だったのに対して、復旧1か月間(2016年12月10日からの1か月の平均)は平日9200人、休日7400人、復旧1年(2016年12月10日からの1年の平均)は平日8900人、休日6700人に留まっています。平日は33.6%減、休日は15.2%減です。

 この傾向は原ノ町-新地間(福島県部分)でも同じです。1日当たりの利用者数は、震災前(2010年10月27日(水)、30日(土)、31日(日)の実績)が平日5000人、休日3300人だったのに対して、復旧1か月間(2016年12月10日からの1か月の平均)は平日3100人、休日3100人、復旧1年(2016年12月10日からの1年の平均)は平日3100人、休日2500人に留まっています。平日は38%減、休日は24.3%減です。休日の落ち込みが平日より小さい(特に復旧1か月間)のは、復旧直後の初乗り需要や年末年始輸送があるからのようです。

 JR東日本仙台支社は、利用者数が減少した原因として、沿線の人口が減り、かつ福島県内に不通区間が残っていることを挙げています。もっとも、同じように東日本大震災で被災した路線でも、場所によっては震災前の9割ほどにまで回復しているところもあります。沿線の持っている力が、震災によって浮き彫りになったとも言えます。
(参考:JR東日本仙台支社ホームぺージ http://jr-sendai.com/upload-images/2018/01/2018012503.pdf、河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180126_72055.html、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26136840V20C18A1L01000/)

|

« 「GENBI SHINKANSEN」、3月31日にリニューアル | Main | 観光レトロ電車「かごでん」が普通の路面電車として走る »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 常磐線相馬-浜吉田間復旧後の利用状況:

« 「GENBI SHINKANSEN」、3月31日にリニューアル | Main | 観光レトロ電車「かごでん」が普通の路面電車として走る »