« 両備ホールディングスのストライキは集改札ストに | Main | 日本ハム新球場へは支線をつくる? »

石北線、無人駅5駅を廃止か?

 2018年春のダイヤ改正では1駅しか廃止されなかったのですが、これで終わったわけではありません。新たに駅を廃止する話があるのです。

 その話があるのは石北線。単独では維持困難としている路線のひとつです。オホーツク、上川管内の沿線自治体からなる非公式の会合が23日に北見市で開かれましたが、そこで1日の利用者が3人未満である、北日ノ出(旭川市)、将軍山(当麻町)、東雲(上川町)、瀬戸瀬(遠軽町)、生野(遠軽町)の5駅を廃止することを検討しているという話が出たのです。廃止時期は未定で、事前に地元自治体と協議して駅を廃止する方針です。

 さて、これらの駅を廃止することによる効果はどれくらいでしょう? 1年間の駅の維持管理費は約100~200万円のようです。5駅ですから500~1000万円ほど削減することができます。また、通行量の少ない41か所(1日の車両通行量が50台未満で、迂回路が5キロ以内に存在)の踏切を廃止することも検討しています。1年で4100万円の経費削減につながります。
(参考:北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/184165、「鉄道ファン」2018年7月号 交友社)

|

« 両備ホールディングスのストライキは集改札ストに | Main | 日本ハム新球場へは支線をつくる? »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 石北線、無人駅5駅を廃止か?:

« 両備ホールディングスのストライキは集改札ストに | Main | 日本ハム新球場へは支線をつくる? »