« 京都府民、北陸新幹線新大阪延伸は賛否両論 | Main | 呉と宮島の間は船でも行くことができる »

6月に大宮6:00発の臨時「はやぶさ」を運転

 先日、大宮発着の新幹線臨時列車についての記事を書いたばかりですが、早速実現することになりました。それは「大人の休日倶楽部パス」が使える期間の6月23日、30日(いずれも土曜日)。大宮発新函館北斗行きの「はやぶさ101号」が走ります。

 「はやぶさ101号」の特徴は、早朝に出発するということ。大宮を6時ちょうどに出るのです。新幹線は夜間に保守作業を行うため、0~6時の間の運転ができません。東京ではなく大宮始発にすることによって、早く目的地に着くのです。東海道新幹線で新横浜6:00発の「ひかり493号」、品川6:00発の「のぞみ99号」が走るのと同じ理屈です。「はやぶさ101号」は、仙台、盛岡、新青森のみに停まり、新函館北斗には9:41に着きます。停車駅が少ないこともあり、定期列車の始発「はやぶさ1号」(東京6:32発、大宮6:58発)より1時間以上も早く新函館北斗に着くのです。途中(北上?)、仙台からの始発「はやぶさ95号」をも追い越します。「はやぶさ101号」はE5系の10両編成で、グリーン車、「グランクラス」(アテンダントサービスなし)もついています。今回の臨時運転での実績が良ければ、運転の機会を増やしてもよいでしょう。埼玉県や東京でも西部なら、大宮から新幹線に乗る、というケースもあります。そういう人には早く北海道に行くことができる、便利な列車です。

 今回の臨時列車は、新幹線1本を運転して終わり、というわけではありません。新函館北斗から先にも臨時列車があります。まず、函館方面には「はこだてライナー」が走ります。新函館北斗9:54発、函館10:09着です。五稜郭にも停まります。札幌方面には、特急「北斗85号」が走ります。函館9:31発、新函館北斗9:51発、札幌13:42着です。定期列車の始発「はやぶさ1号」から乗り継ぐより、1時間弱早く着きます。現状でも、東京-札幌間の日帰りはできますが、札幌滞在時間はたったの4分です。駅の構内で乗り換えるだけしかできず、改札の外に出る余裕すらありません。しかし、「はやぶさ101号」なら札幌滞在時間は1時間ほどありますので、少しですが観光できる余裕はありそうです。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180405.pdf)

|

« 京都府民、北陸新幹線新大阪延伸は賛否両論 | Main | 呉と宮島の間は船でも行くことができる »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

願わくば新函館北斗20時発、大宮23時40分着の臨時便が多客期に有ると言うことないですねぇ。航空機がフォロー出来ない時間帯があるんで地道に集客するしかないでしょう。

Posted by: 仙台藩主 | 2018.04.08 09:17 PM

 仙台藩主さん、おはようございます。

* 願わくば新函館北斗20時発、大宮23時40分着の

 確かに、帰りも欲しいです。

Posted by: たべちゃん | 2018.04.09 06:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 6月に大宮6:00発の臨時「はやぶさ」を運転:

« 京都府民、北陸新幹線新大阪延伸は賛否両論 | Main | 呉と宮島の間は船でも行くことができる »