« 地方鉄道の利用者数増加には通勤定期の増加が効果的、との調査結果 | Main | ホームドアを設置すると輸送力が減る »

JR西日本もN700Sを導入へ

 JR東海は東海道・山陽新幹線の次期車両としてN700Sを導入します。それでは、そのJR東海の新幹線と直通運転するJR西日本はどうするのでしょうか?

 これまでJR西日本はN700Sを導入するかどうかはっきりとはしていませんでした。自社で新たに新幹線車両を開発するという話もありました。しかし、新たなに開発するには時間もお金もかかります。そこで、JR西日本もN700Sを導入することにしたのです。

 これは現実的なところでしょう。JR東海のみならず、JR九州も長崎新幹線用にN700Sを導入します。乗り入れ先でも扱っている車両のほうが、何かと都合は良いのです。N700Sは旅客需要に合わせて、8両などといった短編成でも対応できるようにしています。東海道新幹線乗り入れ用の16両編成のほか、九州新幹線用に8両編成をつくることもしやすいのです。九州新幹線用にN700Sを導入し、現行の「みずほ」、「さくら」用のN700系を山陽新幹線「こだま」用に転用します。今、「こだま」に使っている500系や700系は廃車となります。急ぐ話ではありませんが、あり得る話です。
(参考:ニュースイッチホームぺージ https://newswitch.jp/p/12853)

|

« 地方鉄道の利用者数増加には通勤定期の増加が効果的、との調査結果 | Main | ホームドアを設置すると輸送力が減る »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/66685109

Listed below are links to weblogs that reference JR西日本もN700Sを導入へ:

« 地方鉄道の利用者数増加には通勤定期の増加が効果的、との調査結果 | Main | ホームドアを設置すると輸送力が減る »