« JR西日本、「自由席回数特急券(料金)」を見直し | Main | 南海バス、岸和田-東岸和田間日中15分間隔に »

熊本市電、通町筋電停を拡張

 熊本市電で一番乗降客が多いのは、通町筋。1日平均7400人います。しかも、停留所は小さいです。幅1メートルと狭く、利用客の多い時間帯では乗客が停留所からはみ出してしまいます。車がひっきりなしに通るその横で、路面電車を待つことになります。

 そこで熊本市は通町筋電停付近の改良を行うことにしました。もともと2016年度に終わる予定でしたが、熊本地震などの影響で遅くなったのです。停留所の長さを21メートルから30メートルに延長し、幅も車椅子が回転できるように1.5メートルに広げます。バリアフリーにも対応していて、通町筋が11か所目です(バリアフリー対応工事は2009年度から始まっています)。路面電車が走る県道も若干拡幅しますが(1車線で最大20センチ)、路肩を狭めるなどの方法で対処するため、歩道もほとんど狭くなりません。工事はバスの通らない深夜から早朝にかけて行い、年内に完成させます。事業費は約1.85億円です。
(参考:Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000006-rkkv-l43、熊本日日新聞ホームぺージ https://this.kiji.is/367189583206712417?c=92619697908483575)

|

« JR西日本、「自由席回数特急券(料金)」を見直し | Main | 南海バス、岸和田-東岸和田間日中15分間隔に »

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/66703394

Listed below are links to weblogs that reference 熊本市電、通町筋電停を拡張:

« JR西日本、「自由席回数特急券(料金)」を見直し | Main | 南海バス、岸和田-東岸和田間日中15分間隔に »