« 阪急、阪神等、回数券カードから引き換えた回数券の有効期限変更 | Main | 元「タンゴエクスプローラー」用車両、ゴールデンウィークに走る »

西濃運輸、吹田-郡山・仙台間に貨物列車

 連休明けの5月7日から、吹田貨物ターミナル-郡山貨物ターミナル・仙台港間で、新たな貨物列車が走り出します。

 それは、主に西濃運輸の荷物を運ぶ貨物列車(3月のダイヤ改正で増便されたものです)。主に特定の会社の貨物のみを運ぶ列車は、トヨタ、福山通運、佐川急便に続いて、4社目、7本目です。以前に書いた記事が実現したのです。西濃運輸とJR貨物のほか、日本フレートライナー(JR貨物グループ)と仙台臨海鉄道の協力を得て、1日1往復(吹田貨物ターミナル22:14発仙台港12:45着、仙台港22:35発吹田貨物ターミナル15:44着。東海道線、武蔵野線、東北線経由)しますが、20両のうち、15両が西濃運輸の荷物なのです。15両のうち4両が吹田貨物ターミナル-郡山貨物ターミナル間を走り、残り11両が吹田貨物ターミナル-仙台港間を走ります(残る5両も吹田貨物ターミナル-仙台港間を走ります)。

 15両で31フィートコンテナ30個を運ぶことができます。往復で60個、大型トラック60台分を1本の列車で運び、トラックドライバー不足への対応、労働時間等の労務問題への対応、長距離運転の緩和、地球温暖化防止に向けたCO2排出量削減(年間でのCO2削減量は年間13810トンです)を図ります。

(追記)
 この貨物列車の愛称は「カンガルーライナーSS60」です。SSは、吹田と仙台、西濃の専用列車、さらにセーフティー、スピード、サービスなどの意味が込められています。
(参考:JR貨物ホームぺージ http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/180424%20seino.pdf、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20180426/k00/00m/020/089000c、中日新聞ホームぺージ http://www.chunichi.co.jp/article/feature/railnews/list/CK2018051002000247.html、カーゴニュースホームぺージ cargo-news.co.jp/cargo-news-main/968)

|

« 阪急、阪神等、回数券カードから引き換えた回数券の有効期限変更 | Main | 元「タンゴエクスプローラー」用車両、ゴールデンウィークに走る »

鉄道」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西濃運輸、吹田-郡山・仙台間に貨物列車:

« 阪急、阪神等、回数券カードから引き換えた回数券の有効期限変更 | Main | 元「タンゴエクスプローラー」用車両、ゴールデンウィークに走る »