« 大宮始発の「はやぶさ101号」に乗れば、新函館北斗まで10860円 | Main | 熊本市電、通町筋電停を拡張 »

JR西日本、「自由席回数特急券(料金)」を見直し

 JR西日本の京阪神地区においては、定期券、回数券などと併用して利用することができる、回数券タイプの特急券、「自由席回数特急券(料金)」があります。「びわこ通勤回数特急券」、「湖西通勤回数特急券」、「嵯峨野通勤回数特急券」、「丹波路自由席回数特急券」、「南大阪自由席回数特急券」の5種類がありますが、6月1日から見直しがなされます。

 現在、これらの回数券は6枚綴りなのですが、それを4枚綴りとします。値段も若干上がります。例えば、「南大阪自由席回数特急券」(新大阪-日根野間)の場合、現行の6枚綴りでは2760円(1枚当たり460円)が、新しい4枚綴りだと2240円(1枚当たり560円)に上がります。新しい「自由席回数特急券(料金)」の発売期間は6月1日から2019年3月31日まで、利用期間は6月1日から2019年4月30日までです。有効期間は1か月です。

 これだけ見ると単なる値上げのように思えますが、JR西日本はこれを機会に「J-WESTチケットレス」を使ってもらいたいのでしょう。いくら指定席に乗ることができるとはいえ、「J-WESTカード」を持っている人限定の「J-WESTチケットレス」(新大阪-日根野間の場合、510円)のほうが高いのはおかしいとも言えます。回数券の値上げの是非はともかくとして。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12350.html)

|

« 大宮始発の「はやぶさ101号」に乗れば、新函館北斗まで10860円 | Main | 熊本市電、通町筋電停を拡張 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR西日本、「自由席回数特急券(料金)」を見直し:

« 大宮始発の「はやぶさ101号」に乗れば、新函館北斗まで10860円 | Main | 熊本市電、通町筋電停を拡張 »