« 北海道新幹線は3年目も減少、夕張は廃線で客増加 | Main | 大宮始発の「はやぶさ101号」に乗れば、新函館北斗まで10860円 »

印西市、北総鉄道に値下げを要求

 北総鉄道は千葉ニュータウン内を走る鉄道。運賃が高いことで有名で、住民が主体となってバスを走らせるなどの動きがあります。

 それでは、なぜ北総鉄道は運賃が高いのでしょうか? その原因の一つとして、北総鉄道が貸主の千葉ニュータウン鉄道に払っている線路使用料が高い、ということが挙げられます。年間約25.3億円を払っています。

 しかも、この話には続きがあります。北総鉄道は京成の子会社(京成が半分余りの株を持ちます)であり、千葉ニュータウン鉄道に至っては、京成の完全子会社です。完全な親子関係ではないものの、グループの中のやり取りです。また、京成も千葉ニュータウン鉄道に線路使用料を払っています。「スカイライナー」や「アクセス特急」が走っているためです。しかし、その金額は年間約3.8億円。北総鉄道の15%に過ぎません。京成の列車の年間走行距離が北総鉄道の8割程度ということを考慮に入れても、その差は大きく、説明することは難しいです。

 沿線自治体が怒るのはもっともなことです。2月のことですが、印西市は北総鉄道、千葉ニュータウン鉄道、京成に対して、北総鉄道が千葉ニュータウン鉄道に対して支払っている線路使用料を見直し、運賃の大幅引き下げを求める要求書を送付しました。印西市は2017年6月にも北総鉄道の株主総会で同じような要求をしましたが、そのときは北総鉄道の有利子負債が多額で、千葉ニュータウン鉄道の累積赤字も多額であることを理由に、否定的な見解で終わりました。

 ところで、10年に一度の線路使用料の改定時期はこの3月でした。どのようにまとまったのでしょうか?
(参考:千葉日報ウェブ https://www.chibanippo.co.jp/news/local/478325、東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/210496)

|

« 北海道新幹線は3年目も減少、夕張は廃線で客増加 | Main | 大宮始発の「はやぶさ101号」に乗れば、新函館北斗まで10860円 »

鉄道」カテゴリの記事

京成・北総」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 印西市、北総鉄道に値下げを要求:

« 北海道新幹線は3年目も減少、夕張は廃線で客増加 | Main | 大宮始発の「はやぶさ101号」に乗れば、新函館北斗まで10860円 »